久しぶりに東の都へ

23日。久しぶりに東の都へ。こちらもやけに生暖かい。東の都はきっと暑いだろうと半袖で出る。車はFitで行くが燃費はやはり良い。昼過ぎに高円寺の駐車場に着く。暑い。夕方ムスコがバイトから帰って来たので一緒にいつもの銭湯に行く。途中根性のある街路樹を見つける。都会で生きるのは人間でも植物でも大変である。18時半に吉祥寺でクマサキ君と予約しておいてくれた中華料理屋で会う。クマサキ君は山岳部の10年後輩。OB会の幹事長をやってくれている。最近はOB会にも行っていないので誰彼の消息などを教えてもらう。その後24〜25歳の頃から行きつけだったスナック『もずの木』に寄る。今は娘さんが主体となってママさんが手伝っている様子。ちょっと病気したママさんも思ったより元気そう。
21時半頃にムスコの部屋に戻り爆睡。

24日。朝7時少し前に出て、阿佐ヶ谷にてムスメと数日前から都に来ているカミサンを拾って先ずは九十九里浜を目指す。首都高は連休直前のトラックで混雑している。首都高を抜けてやれやれと思っていたら千葉周辺で断続的に渋滞に遭い、九十九里浜には9時半過ぎに着く。途中で京都のギャラリー・田澤さんの奥様が亡くなられたと、藍染作家のフクモトさんからの電話で知る。急に心臓でとのこと。平成が終わる。

天気は曇り。海を見るのは久しぶり。九十九里浜は初めてだったのでちょっと天気が残念。浜辺でムスメとカミサンが貝殻拾い。その後片貝漁港に行き海の駅で買い物と昼食。バンクシーの絵を探す時間は無し。
13時に東金市のDADAさんこと故イシノさんのお宅へ。昨年11月に急逝してしまったDADAさんとは27〜28年前からの付き合い。原村で紅茶専門喫茶店をご夫婦でやっていて、ワタクシの気晴らし場所であった。一緒にフライ・フィッシングをやったり、家族ぐるみで旅行したりして、我が家の子供達も可愛がってもらっていたのであるが、義母が亡くなった直後であり色々あって告別式に伺えなかったままであった。
奥様のマサヨさんが泣きながら出迎えてくれる。お骨となってしまったDADAさんにお線香をあげさせてもらうが、遺影がコック服を着て椅子の上で正座しながら笑っている写真に思わずニンマリしてしまう。まさにDADAさんなのである。いい写真である。マサヨさんが一番最近撮った写真とのことであったが、いい写真である。彼の人柄が滲みでているような・・・
2時間ほど想い出話しをするがどんな話しをしてもマサヨさんの涙を誘ってしまう。

17時前に高円寺に戻り、居酒屋にて4月生まれのムスメとワタクシの誕生祝い。

カミサン・ムスメと別れてムスコとまたまた銭湯へ。都では銭湯と飲み屋が何より。帰りに小腹が空き、立ち蕎麦屋で蕎麦を食べてから爆睡。

25日。7時過ぎに阿佐ヶ谷のムスメの部屋に泊まっているカミサンを拾って川崎の義姉宅へ向かう。連休前のゴトウビとあって混んでいる。義母の形見分けとして貸してあったフロアー・スタンドとムスメと初めて共作したパネルを貰ってくる。
帰りに多磨霊園に寄りオヤジ・オフクロの墓参り。

ヘロヘロになって帰って来る。運転嫌いなワタクシにとっては連日の運転という過酷な3日間であった。帰って直ぐに日帰り温泉で疲れを癒す。

夜は寒くストーブをつける。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください