ヒデとエンカイ

一昨日はまだ少々身体がギシギシしていたが終日半田付け。夕方やっと『梅』が終わる。ダイヤモンド・ソーを使いまくりで、ちょっと所謂ステンドとは違うのであるが・・・

一昨日夕方からはヒデとアヤちゃんを招いてのエンカイ。先日の台風19号時に避難(エンカイ?)させてもらったお礼もあるし、日頃から世話になっているお礼でもあり、こちらもJAZZライブ後の興奮を収めるには丁度良い時期である。
カミサンは18日から上京予定だったが、JR・高速バス共に運休だったので丁度良い。気張って料理を作っていた。

ヒデとアヤちゃん夫婦は共に役場職員。ヒデはワタクシが漁協の専務理事時に、役場の農業委員会の次長として漁協を担当していたのだが、なんせ椅子に座っているのが嫌いな男。漁協の養魚池の草刈りや放流などの作業には役場職員が付き合ういわれはないのだが、いつも率先して作業に出てくれた。勿論上司とは上手くいかないのだが、そんなことは屁とも思わない、とにかく明るく義理と人情に厚い男であった。役場職員としても人望があり、最後は局長やっていて、数年前に定年退職したのだが、他の多くの定年退職組が嘱託として役場関係に残る中、キッパリと役場を辞め、やはり元役場職員だった従兄弟と組んで野菜の直売所を経営している。ここのトマトは絶品である。
ワタクシとは同じ集落であるが、集落の理事や副組合長をやり、来年あたりは組合長をやるのだろう。6年に一度の『御柱』では呼び方は知らぬが、所謂、大将である。背も高く、がっしりとした身体であり、ワタクシ同様ハゲであるから目立ち、TVの御柱放送では目立つ。
とにかく人望がある。ワタクシより3つか4つ下であるが、何時も気遣ってくれる。

そうそう、もう30年ほど前か、彼が家を新築した際には「オクズミさん、おらん家にステンド・グラスを入れてくれ」と頼まれた。彼の爺様は『裸石』という号を持つ日本画家であり、ヒデも体に似合わぬ美術好きでもある。
工事中の家を見せてもらい「ここに入れたい!」とトイレの小用と大用の2箇所の窓を選んだのだが「エッ、トイレ?」。「うんにゃ、毎日使うところなんだからここがイイ!。いかにもステンドとして自己主張するのは嫌だ。ひっそり、でもニンマリする場所がいい。」とトイレ2箇所に決め「デザインに関しては一切任せて欲しい」と言ったら「自由にやって!」と了解してくれた。当時、それまで作っていた作品とはちょっと違い、透明系の手焼きガラスと藍色一色のシンプルなデザインをやってみたく、以後数々作る同系統のデザインの最初の作品となった。代金は請求書より随分と多く振り込んでくれた。

アヤちゃんはすらっとした美人。役場の教育関係担当が長い。ハキハキしていて、話していて気持ち良い人である。物に動じない良い意味でのフテブテしさがあり、頼り甲斐がある。ヒデと町で遅くまで飲んで何度迎えに来てもらったことやらである。話していてカミサンとお互い年下と思っていたのが同い年ということが分かる。

久しぶりに楽しいエンカイとなる。
昔はよく町まで下って飲み屋でエンカイや飲み会をしたが、段々町まで下るのが億劫となってきた。まあ歳を取ったということであろう。

昨日は親方(ワタクシが漁協の専務理事時代の組合長)が「今年はマスを食ったかね?辛味大根いるかね?」と電話をくれて、持って来てくれる。
親方は爺様の代から続いた町の印刷屋を今年で廃業した。時代が変わり、役場の印刷物も自前が増え、また年賀状や名刺もパソコンで作れる時代、思い切って廃業した。御年85歳であるがここ10年ほどちっとも歳を取らない。頭は全くボケない。酒は相変わらず毎晩欠かさずに飲む。
お孫さんの結婚式が12日に鎌倉であり、13日はあの不通だらけの道を鎌倉から箱根新道経由で帰って来たという。タフである。

地元の人で何でも話せて信頼しているのが、親方とヒデである。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください