いやいや!

昨日も昼食後の薪割り。最近歩いていないのでその分丁度良い運動。
イッペイさんからもらった桑の木を裏庭の雪の下から引っ張り出して運んで割るが、こちらはあまり乾燥していない。使えるようになるのは2月からか?

庭からの八ヶ岳が美しい。

午前中、40数年来の付き合いのある車屋の社長から電話。「オクズミさん、謝らなきゃならない事があって・・・」「俺、どうにも会社の経営方針と合わなくなって、この半年色々あって、12月で身を引いたんだ・・・」「俺はお客様第一のつもりで頑張ってきたつもりだけど、どうにも我慢できなくなって・・・」「ただ、俺が辞めなけりゃ会社が分解してしちまうってことで・・・」「本来ならオクズミさんには直接会って謝らにゃいけないんだけど・・・身体も悪くしちまって・・・医者からもドクター・ストップが掛かっちまって・・・」とのこと。

この車屋さんと言うか修理工場、こちらに住み始めてからづっと我が家の車の面倒を見てきてもらった。当時はまだ工場もバラックみたいな建物で、先代の社長からの付き合いである。とにかく「車好き」の工員さん達がいて、どこか壊れても直ぐに新品の部品を取り寄せるのではなく、時には旋盤で削り出して部品を作ってくれた。「オクズミさんみたいにこれから何かやろうとしている若い人たちから金は取れない」と言って、なるべく安く直したり、予算に見合う中古車を探して一緒に中古車屋周りをしてくれたりもした。結局新車3台、中古車3台をここで買い、車検も全て頼んでいた。

20年程前に新工場を建ててからは修理を工場長達の若い世代に任せ、社長業をやっていたのだが「オラもう面白くない。今の車は何処か壊れればそっくり基板ごと取り換えるしかなくなって、昔の車のようにいじれなくなっちまった」と寂しそうだったのだが・・・新工場を建ててからスバルの新車も扱うようになって、売らなければならなくなったのだろう。

段々こういう職人気質の車屋も無くなっていってしまうのだろう。面白くない世の中である。

今日も昼食後に薪割り。これで4日目である。
裏庭の雪の下から桑の木を引っ張り出して南側のデッキ前に運び、チェーンソーで輪切りにし、斧で割り、デッキに並べる。デッキが満杯となったので年内の薪割りを終了とする。
当面は玄関前に積んである非常用?ので間に合うだろうし、もし2月になっても桑の木が乾かなかったら床暖とファンヒーターと、それこそもう10年も前に割っておいた家の北側に少しだけ残してあるマル特非常用の薪を組み合わせて使っていればそのうちに桑の木も乾くであろう、と思うことにする?

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

キリギリスは相変わらずで・・・

今年も残すところ1週間もなくなった。うむ、1年が早いと感じるようになってから何年経つのであろう。まあ長生きはしたくないと思っているのでソレはソレでケッコウなことではあるのだが。

昨朝は寒かった。マイナス8℃まで下がった。こうなるとファンヒーターでは寒い。朝から薪ストーブを焚かねばならないのであるが、薪が心許なくなってきた。外にはまだ切ったり割ったりしていない原木が積んであるので薪を作れない訳ではないのであるが、ヤル気が起きない。薪割りには暑すぎる、いや今日は寒過ぎる、仕事が忙しい、腰や膝が痛いと、要するに怠けているのである。やっぱり今年もキリギリスなのであるが、さすがにデッキに積んである薪が殆ど無くなり、玄関の外壁に積んである、昔は「非常用」と考えていた薪に手を付けるに至って、昨日の午後から昼食後の運動にと重い腰を上げたのである。

取り敢えずデッキの下に積んでおいた原木をチェーンソーで切り、そのままストーブに入る太さのをデッキに並べるが、幾らもない。仕方ない、斧を持ち出して太いのは割る。今割っているのはコブシであるから火持があまり良くなく、薪には適さないが原木のまま乾燥しているので直ぐに使えるし、スコンスコンと斧で簡単に割れる。久しぶりの薪割りが気持ち良い。こんなことならもっと早くからやっておけば良さそうなものだが、キリギリスというのは「明日出来る事は今日やらない!」のであるから仕方ない。
裏庭にはコイケ・イッペイさんの畑からもらってきた桑の木の原木が積んであるが、先日の雪を被っている。サイワイなことに今日の午後から雨が降る予想であるからこれで雪も溶けるのではと期待しているのである。でもこういうのは「キリギリス生活」と言うより「泥縄生活」と言うのであろう?

ま、まだ冬はこれからである。割ってデッキに積んでおけば冬の乾燥した天気で直ぐに乾く。これから天気を見ながら昼食後の運動に割っていくしかない。
と、今日も昼食後に割り始めて1時間ちょうどでミゾレが降り出したので止める。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

初雪

昨夜から降り始めた雪は、今朝15〜20cm弱積もった。例年だと何回かチラチラ降って「そろそろ雪の時期ですょ〜」と教えてくれるのだが、今年は初雪からいきなり除雪が必要な積雪となった。
今朝は「雪かき出払い」があるかなと05時に起き出して外を見るが、出払いがあるか微妙な積雪量である。雪かき出払いがある時には5時半に有線放送が流れるので一応着替えてコーヒーを飲みながら待つが放送はない。やれやれ出払いは無いかと思った矢先、05時40分になって「各常会は帳場の雪かきをお願いします」との放送が流れる。オーバーズボンを履き、ジャケットに手袋、頭にはヘッドライトを付け、雪かきスコップを持ってまだ真っ暗な外に出る。常会の帳場は歩いて10分程下った所から小学校までの歩道である。
早々にヨシヒロくんがトラクターで掻いてくれていたので、我々は小学校手前にある階段だけで済む。点呼を取り(この点呼時にいないと欠席とされて千円だかの出不足料を取られる)解散。またスコップを担いで10数分登って帰る。起き抜けには結構キツイ労働である。

今日の雪は重く湿った雪であるから早めに除雪機を掛けないと雪を飛ばせない。昨日、除雪機に外して充電しておいたバッテリーを積み、ガソリンを入れておいたので一発でエンジンがかかる。そのまま車周りや駐車場に除雪機を掛ける。

いよいよ雪のシーズンである。おかしな天気が続いているが、来年が大雪にならないことを願う。

 

朝食後アトリエに入る。次の仕事は1階がケーキ屋、地下がBARというビルである。ケーキ屋には藤の花のステンド、BARはトイレと壁に抽象的なステンドを入れることになっている。藤の花のデザインはもう描きあげてOKが出ているので、後はガラス探しであるが、BARの2枚は現在思案中。考えて見れば久しぶりの抽象画である。但しこの3枚ともオパール系(乳白色の不透明ガラス)しか使えない場所、結構悩む。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

エンカイ

昨夕、久保田くん来宅。ってことは「エンカイ」である。
午前中に御徒町の『吉池』で買い込んだ新鮮な魚を背負って来てくれた。

エプロン姿のクボタくん、手際よく魚を捌いていく。イワシの骨はホネセンベイに、アジのアラでは潮汁にしてイワシのツミレ入りである。で、本日のお造りはイワシ・アジ・ホッキ貝・中トロ・ヒラメ・寒ぶり・ウニ・シャコにクジラ、そして牡蠣酢である。合わせる酒は先日送ってくれた蓬莱泉の『べし』である。

「美味い!」
特にイワシとアジが絶品であった。

1年に1〜2度、こうしてエンカイの為にだけ魚を背負って来てくれるクボタくんに感謝!

で、今日は昨夜の寝不足から午前・午後ともウダウダして今夜の「エンカイ2」に備えたのである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

カモシカ

先々週から何やかやと忙しかった。特に何をしたというのでもないのであるが・・・

27インチiMacにして随分と眼の疲れが減ったのはいいのだが、設定で手間取った。前から使っていたパスワード管理ソフトだかセキュリティーソフトと相性が悪かったのか、ログイン時にパスワードが直ぐに入らず、途中で止ったりする。Appleのサポートにも何回かお世話になったのであるが、解決しない。まだ入れ換えて1週間程度だったのでウンニャと気合を入れてOSのクリーン・インストールをやってやっと解決したり・・・
また、キーボードをテンキー無し、マウスをマジック・トラックパッドにしたのはやはり失敗であった。机の上がスッキリしたのは良いのだが、ついつい押し間違える。キーボードに関してはPhotshopなどを使っている時に間違える。
マウスに冠しては右手の親指に腱鞘炎があるので楽かなとトラックパッドにしたのであるが・・・まあ慣れればともう少し頑張ってみるが・・・

次の仕事のデザインを考えながらフト外を見ると我が家へのアプローチを横切り、小さな方の川の方へと向かう大きな生き物がいる。カモシカである。慌ててコンデジを持って庭に出るが生憎と電池切れである。家に駆け込みスマホを掴んで飛び出すがいない。アレレである。しばらくじっと待つが居ない。そんな訳ないと見回していたら川の中で微かな音がする。枯れた葦の茂みにいた。やはりカモシカである。体長1mほどのカモシカがじっとこちらを見ている。

    真ん中辺りに白い顔が

しばらくじっとこちらを見ていたのだが、こういう時に限って宅急便のトラックが来てしまい、カモシカ君もその音に驚いたのか堰提を飛び降りて下の堰提に走り、一度こちらを振り向いてから堰提を飛び降り、対岸の茂みにと走り込んで行ってしまった。この辺でもカモシカは何度か見たことがあるが庭先で見たのは初めてである。そういえば昨夜10時頃だったかリビングの外を見たら玄関脇のセンサーライトが点いていた。鹿かネコでも通ったかと思ったが案外カモシカ君だったのかもしれない。
昨日は南魚沼で親子3頭の熊が診療所の倉庫で冬眠しかかっているのが見つかり、昨夜は箱根湯本の街中を猪2頭だかが歩き回っていたとのことだし、どうも動物達も山で餌を捜すより人家の近くの方が住み易いと気付いたようだ。そりゃ禁猟区の人家周辺が一番安全と知っている鹿に習ったに違いない。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個