農業法人

昨日午後、久しぶりにウォーキングに出る。道は圧雪されて所々ツルツル。もう畑には誰もいない。

     東の溜池も凍っていた

最後の登りを終えて処で新しく建てるハウスに引く電源ケーブルを自分で埋設しているマナブ君に会う。マナブ君は菊農家。全部で20棟以上のハウスで菊栽培をやっている。忙しい出荷時期には挨拶だけで済ますが、今日は久しぶりに話し込む。
「百姓ってのは忙しいだけで本当に儲からなくできていて・・・」とぼやいている。「最近は富士見に農業法人が次々に出来ているけどどうなの?」と聞くと「農業法人には国から補助がどんどん出るけれど、個人農家への補助はどんどん厳しくなって・・・」とのこと。「農業法人は次々と休耕地を借りて、ワッと何年か作って、土がダメになりゃ返してしまう。百姓が何十年もかけて作ってきた土を食い荒らして・・・個人農家はそうはいかないから・・・農協や県にいくら言っても目先のことしか考えなくなっていて・・・もう言うのにも疲れた・・・」。「よくファミレスなんかが自社の畑で作った野菜というけれど、その影ではどんどん土地が痩せていて・・・農業法人に何年か勤めてから独立し、新たに農業法人を作って補助金をもらっての繰り返し・・・」とのこと。
最近は富士見に幾つもの農業法人が入ってきている。レタスなどの収穫期にあちこちの二反三反の元休耕地に10名程が集まってあっという間に箱詰めされていくのだが、行き先は農協ではなく自社のファミレスやスーパーである。その農業法人に金を貸したり、休耕地を斡旋しているのが農協であり、百姓から見れば「自分等の為の農協のはずが!」と思うのは当たり前である。

先日忍くんも言っていたが「もう大工なんて居なくなっちゃう。住宅メーカーの家ばかり。電動ドリルと合板用のノコギリだけ・・・木組みも彫れない大工ばかり・・・」と言って嘆いていたが、農家同様のようである。

この先、日本の風景というのがどんどん貧しくなっていくのだろう。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

お別れ

13日。晴れ。朝7時半に出て葉っぱチャンを迎えに霧ヶ峰農場に上る。思ったより雪が少なく9時過ぎには帰って来る。忍君も来て11時前にヨシユキさん宅へ。ヨシユキさんの弟夫婦が磐城から、シゲコさんの弟夫婦が東京からいらっしゃっていた。各々がお別れをした後、持ち寄った軽い昼食をいただく。12時納棺。高校時代は水泳部だったヨシユキさんだが軽くなってしまっていた。両切りピースや入院中に「何か軽い読み物ないかなぁ〜」と頼まれて届けたがまだ読み終わっていない奥田英朗の本、学生時代に立ち上げた演劇集団『クロネコ』の布製ポスターなどを、シゲコさんが庭の花で作った押し花や生花と共に収める。13時出棺。茅野の火葬場にて最後のお別れを各々がした後、荼毘にふす。享年70歳と11ヶ月。
17時前から富士見の八峯苑にて親族・親友20名程で会食。献杯の挨拶を頼まれるが言葉が詰まってうまく話せず。ヨシユキさんがこの15年程飲めなくなってしまっていたので、ウィスキーで献杯する。変な言い方であるが「いい葬儀」であったと思う。
21時頃、八峯苑に泊まる親族と別れ、忍君を家まで送り、我が家に泊まる葉っぱチャンと帰ってくる。
ヨシユキさんの想い出話しなどを遅くまで葉っぱチャンと語る。

14日。晴れ。葉っぱチャン、ここ何年か毎年1〜2月頃にパック旅行で海外に1週間程の旅をしているとのこと。「考えてみたらあと何年かしか動けないと思って、1年間ポツポツと貯めて行っているのよ。パック旅行なんてと思ったけれど、ちょっと足して個室にすれば案外いいものよ」とのこと。いい歳の取り方をしている。さすが葉っぱチャン。
午前中に葉っぱチャンを霧ヶ峰まで送った後、カミサンと買い物をして帰ったらどっと疲れが出る。

15日。晴れ。逝っちまったなぁ〜と思う。
毎週水曜日午後はカミサンのピアノ教室の日。ガキ共がうるさいのでヨシユキさんの家に行って馬鹿話をしていた。お互いの性格から時事問題・昔話・誰彼の話しを「斜に見て」話す。この時間が外にあまり出られない彼にとって大きな気晴らしとなっているとシゲコさんによく言われたのだが、ワタクシにとっても精神安定剤的な貴重な時間であった。考えてみればこの40年間家族を別とすれば最も時間を共有した人であった。

彼らしいいい葬儀であった。オフクロもオヤジの時も無宗教・家族葬でやった。ワタクシの時も家族葬でと言ってある。ヨシユキさんも家族と極々親しかった友人だけでの葬儀であった。ワタクシもそろそろ集まって欲しい友人の人選をしておかねば、と思う。死んでまで会いたくない奴が来られてはたまらない。そういう奴に限って「如何に自分が故人と親しかった」かをアピールしたりする・・・
いっそ、来て欲しくない奴の名簿でも作っておくか。
それから遺影も一応準備しておかねば・・・
ま、財産はないから心配ないが・・・

寂しくなったものである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

・・・!

カミサンはまだ義母宅。昨日は昼飯を食べ損なったし、疲れているので夕食には栄養をと、ステーキ肉と鯖の押し寿司とサラダに白菜たっぷりの味噌汁で夕食。夕食後ストーブの前でムスコの今回のライブの録音を思いっきりの音量でかけていたのだが、2曲目の途中から寝てしまった。風呂に入ってから寝たのだがあまり眠れず。

今朝はヨシユキさんのやはり古くからの友人の葉っぱチャンや忍君に13日の葬儀次第を伝えたり、東京の友人への連絡後、ジムニーのタイヤ交換へ。ジムニー、いよいよ古くなり、そうそう保たないと思われ、新しいスタッドレスを買うのも馬鹿らしいとメルカリで4本6000円で買った2シーズン使用のヨコハマのスタッドレスの組み換えにタイヤ屋へ。バルブも交換してというのにニイチャン「まだ大丈夫」と交換せずに組んだところ空気漏れ。また外してバルブ交換してと待たされる。

ヨシユキさん「最期には両切りピースを吸いたい」と言っていたとのことで、ピース缶を探すもコンビニでは売っていない。この辺にはタバコ屋はもうなく、懐かしいパッケージの10本入りを買いヨシユキ宅へ行き供える。若干の打ち合わせ後に帰宅。昼寝でもと思うのだが眠れず。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

ここ数日、激動の日々

7日。棟梁のシノブ君が薪用の切端を2トンロングに2束乗せて持ってきてくれる。ノウコウソク以来、どうも薪を割る気力なし、灯油で凌ごうとしていただけに有り難い。トラックの荷台で、60cmのチェーンソーでストーブに入る長さに切って下ろしてくれる。

6日。午後原村のヨシユキ宅へ。ヨシユキさんは大学の先輩であり、40年来の友人である。ワタクシが富士見町にきて、テント生活をしながら手作りの家を建て始めた頃に夫婦でひょっこり訪ねてきて「俺も来年この辺に手作りの家を建てたい」とのことで、それ以来我が家を手伝ってくれたり、反対に翌年から始まった彼の家作りを手伝ったりした。そして窯を備えて陶芸をやっていた。それ以来車で10分程の距離、年中会っていた。時には夫婦とワタクシと3人でやる「9ブリッジ」で徹夜したり、飲んだり、富山に一緒に旅行に行ったりの仲であった。15年ほど前に肺がんと分かり、こちらの病院では手の施しようがないと言われたヨシユキさんを、ワタクシの高校山岳部時代の友人でがんセンターの部長医師だったアライ君に頼み込んで手術してもらったりした。
その後も食道がんを手術したりと、ここ15年程は自宅でノンビリしていたのだが、夏以降段々と体調が思わしくなくなっていて、先月からは肺に水が溜まるようになり呼吸も苦しくなっていた。先月末には一度入院し、溜まった水を抜いて2週間程で退院。新しく床暖房が入った部屋で療養していた。医者には年内かもしれないと言われ、食事も殆ど摂れないとのことなのでリンゴを持って6日に見舞いがてら、緩和ケアへの入院を勧めようと訪ねたのだが、丁度来訪した訪問看護師からも緩和ケアへの入院を勧められ、救急車を呼ぶ。
救急車を追走して病院へ。憔悴しきった奥様のシゲコさんと救急外来での診察が終わるまで(CTなどを撮る)の間、様々話す。医師からは全身状態が良くなく、肺に膿胸が見られるが今の状態では抜くことが出来ず、抗生剤を入れるが、と告げられる。
入院したヨシユキさんは痰が切れずに苦しそう。「申し訳ないが明日から取り付けに上京しなければならない」と告げると、ウンウンと手を振る。「必ずもう一度家に帰るんだよ!」と別れる。

7日。バスにて上京。ミド邸に昨年納めたステンドの紫色の泡が弾けてしまったので、その部分の泡をルーターにて削る。シゲコさんからは「リンゴの絞り汁を美味しそうに飲んだ」とのメール。夜、ムスメやムスコといつもの上越泉で風呂。3人で焼肉屋。
疲れていて9時前に寝る。

8日。ムスメと落ち合い、新宿でやはりバスで上京してきたカミサンと3人で昼食後、『カガミダイ』を買ってくれた義母のいる日吉の義姉邸へ。『カガミダイ』は梱包して宅急便にて送っておいたのだが、割れずに無事到着していた。これはムスメとワタクシの第一作なので、義母に買っていただき、散逸せずに嬉しく思っている。義母は肌ツヤもよく、元気そう。
夕方、ムスコのライブがある中野へ3人で戻り、蕎麦屋で一杯やる。7時過ぎに中野のライブハウス「スィート・レイン」へ。先輩のカメジマさんが既にいらしていた。今日はピアノをワタクシの大好きな清水くるみさんが弾いて下さる。ベースの伊地知さん、ドラムの村上さんとも初めてとのこと。
8時からのライブは良かった。今まで聴いた中では一番の出来。清水さんがしっかり支えてくれていて、ムスコはノビノビと吹いている。それにしても清水さんのピアノは自由で音色に富み、尚且つスピード感が素晴らしい。ムスコのオリジナル曲『Coffee Winter』も良かったし、特に後半のフリーではやはりオリジナルの『月と狛犬』や『荒城の月』が良かった。伊地知さんのベースや村上さんのドラムも素晴らしく、このカルテットでどんどんやったらと親バカながら感心したら、ライブハウスのご主人からも再演を頼まれたとのこと。成長したものである。

9日。ヨシユキさん、痰が切れるようになったが発熱が続いているとの連絡。午後からムスコ、ムスメと秋葉原から上野へ歩く。秋葉原は小学生の頃にラジオ部品を探し歩いた町であるが、今はオタクの町。土曜日とあって凄い人出。御徒町で昼食後、アメ横をブラブラ。アメ横会館地下で中国食材店を見て歩く。安い。が、帰るのは翌日だしバスなので生鮮食材は買えず。グリーンカレー・ペーストの1Kgを見つけて購入。その後上野公園を散歩。上野美術館前に400〜500mの行列を発見。なんと「怖い絵展」の入場行列。???何で???本当に日本人というのは『展覧会』がお好きなようで・・・ワカラン。最後尾には「只今150分待ち」との看板を持った係員。

17時前、『上野ライオン』でクボタ君と待ち合わせ。
直前にシゲコさんから「今夜がヤマ」との連絡。
クボタ君、1月早々にロボットによる手術、おまけにお犬様のクロを亡くしたばかりなので励ます?飲み会?。4人で飲む。うん!既にクロの「あと犬」を買ったとのこと。ペットロスを癒やすには新しいペットを飼うことしかない?とのことで、重症のペットロスである!手術後2月には我が家に来る約束をして早々に別れる。
ムスコの部屋に帰ってからやはりヨシユキさんの友人であるPチャンに連絡。直ぐに病院へ行くよう頼む。しばらくしてから「意識がかなり薄れていて・・・難しい」とのPチャンからの折り返し連絡。シゲコさんと娘のナオちゃんが付き添っているとのこと。帰りのバスの早朝への変更をするも7時25分のしか取れない。高速バス駐車場に車を置いてあるので電車で帰るわけにもいかず。眠れず。

10日。バスの中で「0時41分永眠」の連絡を受ける。ヨシユキ宅に来てとのことで高速バス駐車場に置いてある車でヨシユキ宅へ。最期は呼吸も楽になりすーっと眠ったように息を引き取ったとのことで眠っているようである。吸えなくなった煙草を供える。
生前、我が家ではオフクロ、オヤジ共に家族葬としたことを話したらヨシユキさんが「そういうのがいいなぁ〜」と言っていたので、葬儀屋と折衝。なるべくシンプルにと。通夜は行わず、家族・親戚・親友のみで13日に納棺を告別とすることにし、火葬場からホテルに移り偲ぶ会をすることとする。

ヨシユキさん、隣に娘さん夫婦と3歳の孫一家が家を現在建築中。10月にはヨシユキさんの運転でシゲコさんと二人で山梨に1泊旅行。手作りの家の方も床暖にして暖かくなり、シゲコさんの今後にも安心してしまったのだろうか。最近急に気力が失われた感じであった。来年の桜を見るまで頑張れと言っていたのだが・・・
今までアリガトウ!

激動の数日であった。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

アホな母娘

昨日はハシさんも来てくれて屋根工事が全て終わる。ノウコウソクの後遺症らしい「屋根の縁を歩くことへの恐怖」は最初の頃よりは少し改善されたようだが、元どおりになるには時間がかかるかもしれない。両側がスッパリ切れた岩綾や岩登りの方がまだマシかもしれない。
友人に言ったら「普通の人は怖いの!それに65にもなって屋根工事を大工と一緒にやっていられるお前の方がおかしいの!」と褒めて?くれた。

隣の白樺に名前の知らぬ蔦の実がなっている。そろそろ山椒の実を採らねば。

話は変わってムスメが帰省していた時の話。朝、起きてきたムスメが「屋根裏部屋に何かいて時々キュッ、キュッと鳴くのでうるさくて眠れなかった」という。「ネズミやヤマネとは思えない鳴き方だし・・・ハクビシンかしら・・・」。で、カミサンが調べにムスメの部屋を見てきて「鳴いている。一緒に見て」「逃げちゃいけないので静かに!」と唇に人差し指を当てて言う。で、3人でそっと2階に上がってムスメの部屋の上にある屋根裏部屋(納戸に使っているロフト)に上がって笑い転げた。ここには薪ストーブの煙突が通っているので火災報知器を取り付けてあるのだが、その電池が切れて45秒毎に「キュッ・キュッ」と通報音を鳴らすのである。ギャハハである。まったく母娘揃いも揃ってである。一晩中45秒置きにキュッ・キュッじゃ眠れなかっただろうが、普通は気付くだろ!アホな母娘である。
但し火災報知器を外してからが困った。9Vの電池の買い置きがなく、直ぐには交換できない。ところが古い9V電池を外しても内臓の水銀電池で電池切れをキュッ・キュッと知らせる仕組み。水銀電池は取り外せないアホな仕組み。町にまで買いに下らねばならない。カミサンが買い物に行く午後までセーターに厳重に包み、使っていない部屋でしばしキュッ・キュッとなり続けていた。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個