投稿者アーカイブ: admin

やっぱり運動!とは言え・・・

昨日は2ヶ月に一度の内科。血液検査でHbA1Cが劇的に下がっていた。この検査は1ヶ月前位の数値が出るらしいが、丁度稲刈りや薪割りをしていた頃の数値である。やはり運動するとてきめんに数値が下がる。とは言えそうそう毎日午前2時間、午後2時間も薪割りをしてはいられないし・・・熊に出会わないことを祈りつつウォーキングを続けるしかなさそうである。

この八ヶ岳の写真は20日の写真。今秋はこういう快晴の日が少ない。
紅葉真っ盛り。
今朝は未明からの大雨。多分上も気温が高くて雨だと思う。これで八ヶ岳の雪も消えただろう。

一昨日夜遅く、ムスコから電話。かなり酔っていてロレツもおかしい。「今日のPIT INN、楽しかったァ〜。イシダさんも楽しかったと言ってくれたし、支配人のスズキさんも君の音は面白いと言ってくれて、次回のPIT INNも決まったょ〜。お客さんも30人位入ってさぁ〜」との事。この20日間位、『死ぬ気になって練習した』との事で、1レベル上がった手応えを自分でも感じた様子。イシダさんから「JAZZメンの多くは難しい音になるとフリーに逃げるけれど、それは違う」と言われて発奮したようだ。イシダさんのようなピアニストに巡り合えたことに感謝していた。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

冬到来!

あっという間に冬となってしまった。昨日は昼間から薪ストーブを焚き続けていたが、今朝は零下。6時半にゴミ集積所に行こうと車を見たらフロントガラスは凍りついていた。いつの間に冬!
八ヶ岳の冠雪も例年になく、早い。
まあ、今年はキリギリスを脱して薪割りを終えているので心豊かなのだが、それにしても早い。まあもう一度暖かくなるとは思うが、どうも最近の気象は読めない。
まだ10月中旬というのに、車のワイパーを夜間は立て、不凍栓の管理や水道のヒーターを入れねばならないとは・・・!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

八ヶ岳は真っ白

一昨日18日は共有地の下草刈り。8時前に200名程が改善センターに集まり、軽トラに分譲して今年の帳場へ。刈り払い機組と刈った笹や灌木を集める係が一斉に帳場に散る。刈り払い機だけでも70〜80台が一斉にエンジンを掛けているのだから凄い音。ワタクシも刈り払い機組。前後左右の刈り払い機を気にしながら刈りまくる。
10時の休憩にふと八ヶ岳を見ると真っ白。南端の編笠山も冠雪している。
そこに杣添尾根を登っているカワダさんから電話が入る。「2600mまで登ったけれど多い所で30〜40cmの雪。ゆっくり休憩してから下る」との事。今日は都立大山岳部OBで御年80歳の元東工大教授のカワゾエさん、やはり都立大山岳部OBのウシダさん、それにワタクシの先輩であるカワダさんである。「素晴らしい展望」との事。下山後は日向山の下にある本郷高校山岳部OB会所有の小屋にてエンカイ予定である。
出払い作業は2度の休憩後、11時に終了となる。

帰って風呂・昼食後にカミサンが焼いたロースト・ビーフとチーズ・クラッカーとアップルパイを持って、途中やはり都立大山岳部OBのイッペイさんと待ち合わて、日向山下の小屋へ向かう。この小屋は本郷高校山岳部で起きた遭難者の遺族からの資金提供を基に、OBたちが資金を出して建てた角ログの小屋。水も電気も風呂もある小屋である。
カワゾエさんとは初めてお会いしたが、噂に違わぬ元気な方。20歳まで先鋭的な岩登りを続け、幾つかの初登攀記録を作った後にキッパリと山を止め、70歳まで学問一筋(金属関係)でノーベル賞候補にもなったとの事。70歳で再び山や山スキーを再開し、北海道や鳥海山を滑っている。昨冬はインフルエンザに罹り、その後肺炎を起こしたことから体力が落ちたとの事で、現在は丹沢の大山(標高差1000m)登山を週2回登っているとの事。
イッペイさんが作って来てくれた芋汁やオイナリサン、ロースト・ビーフ、日本酒・ワイン・焼酎でエンカイ。山の話からマルクスの「資本論」の話しまで。夜、ムスコから「近藤等則さんが亡くなった」とのSNSが入る。
飲んで食って2階で5人が川の字になって寝る。

19日。寒い。6時前に起床。6時半からイッペイの恒例行事のラジオ体操!
イッペイさんの新米に味噌汁、納豆で朝食。さっさと掃除を済ませて8時半頃には解散。

9時頃には帰宅。近藤等則氏の死亡は新聞にも出ていた。フリージャズ・トランペッターとしてワタクシが一番好きだった人。「地球を吹く」ではかつて富士見高原でも吹いていた。急な死にびっくりする。
夕方ムスコから電話。21日の新宿PIT INNでの石田幹雄氏とのデュオに向け猛練習の日々との事で、17日土曜日はカラオケ・ボックスで徹夜で練習していた由。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

年金支給日はもの悲しい・・・

昨日、買い物に諏訪と茅野へ。諏訪での買い物を終えていつも行く直ぐ近くの回転寿司に寄ったのだがやけに混んでいる。まだ12時前なのにと客席を見回すと老人がやけに多い。「???」。カミサンと「何だろう?」と、考えた結論は、前日の15日が年金支給日。で、今日は久しぶりの晴天だしと外食にお年寄りが出て来たのだろうという結論。

う〜む!ワタクシも年金を貰っている身であるが、何となくもの悲しい風景である。

そういえばメルボルンから帰国出来ないまま数ヶ月滞納しているムスメの国民年金を払っておいてやらねば。
それにしても今の若い世代にとって「国民年金」は過酷である。既に貰っている親の世代でさえ「40年払って、たったこれだけ!」としか思えぬ額しか返って来ない。「年寄りも働け!」政策で支給年齢を上げようとし、かつ減額しているのを見ている若い世代にとっては、「払わねば貰えぬが、払っても貰えないかも?」と思っても当然だろう。

スガが施政方針演説もないまま、「国民のために働く」というまるでアベの「お友達のために働いた」を皮肉ったようなキャッチ・コピーには「???。当たり前じゃないか!」と、ただただ呆れて嗤うしかなかったのだが・・・

一昨日サキュウさんから頂いたサツマイモを干す。干すと甘味も増えるし、腐らないとの事。
巨大だが食べてみたら甘い。
これは昨年の「田舎でJAZZライブ」の翌日、サキュウさんが「いやぁ〜、昨夜のJAZZライブは楽しかった!」と林栄一氏と清水くるみ氏へのお土産として届けてくれ、特にくるみ氏は「こんなにお芋を頂けるなら出演料はいらない位」と感激。実際帰ってからメールで何回か「お芋美味しい」と喜んで下さったので、今年もサキュウさんにお願いしておいたのである。暫く干した後、送ろうと思っている。

今年は天候不純で夏野菜が高騰したらしいが、田舎住まいの特権、サイワイあちこちから沢山の野菜を頂き殆ど買わずに過ごしていた。むしろ腐らせてはイケナイと消費に苦労した位である。さてそろそろ沢庵用の大根を・・・期待しているのである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

ナメコ

13日。日帰りでムスメのアパートの整理へ。7時前に出て阿佐ヶ谷のアパートには10時少し前に着く。アパートの駐車場は工事の車が入っていた為、大家さんが頼んでおいてくれた真向かいの家の駐車場に駐める。この小さな部屋にまあ色々な品々。フィットの後部に満載。全く後は見えず。コロナを考え、人との接触は昼食に入った店の主人とコンビニのみ。15時過ぎに帰宅。
今月末にはGo To トラベルを使って2泊で引っ越し作業の予定。

昨14日。さすがにどんよりと身体が重い。ノンビリする。

今朝は少し元気になる。カミサンはサキュウさんから芋を頂くべく芋掘り手伝いに。
家の北西の軒下の雨が掛かる場所に放り出して置いたキノコの原木を見る。これは5月頃に親方が「椎茸の原木なんだけれど、ちっとも出て来ないから薪にしてくれ」と言って持って来てくれた物。見ると大分乾いていたので、ひょっとするとと思い、水に浸けた後に軒下に放り出しておいたのである。久しぶりに見たら6本のうち3本から椎茸じゃなくてナメコが出ていた。今夜はナメコの味噌汁。

日本学術会議問題。何とか論点ずらしをしようと行革問題にすり替えしているが、税金をアベノマスクで何百億捨てたり、ナカソネの葬儀に1億近い金を使おうとしながら、日本学術会議が10億に見合った仕事していないので行革とは・・・!日本人がノーベル賞を貰うと「日本は学問大国」とかほざくが、たった10億・・・?
ミズタの「女性はいつでも嘘をつける」発言に対する辞任要求の13万人以上の署名の受け取りを自民が拒否!全くケツの穴の小さな話。
(ついでに言うとナカソネの葬儀に際しては国立大や教委・自治体に対して「弔意表明を」と通達を出しているとの事。アホか!)

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個