投稿者アーカイブ: admin

忙しい日々

年末30日だったか、今の仕事のクライアントから電話。「藤の花のステンド・デザインを地下のバーで使うカップにも入れたいので至急ちょっと描き直してもらえないか」との電話。

元旦以降、頂いた年賀状に対し、申し訳ないが今年はメールで返信?するが、メールだとついつい近況などを書くこととなり時間取られる。
3日にムスコが帰り、4日にムスメが帰った5日から仕事再開。(数回のご開帳=7ブリッジの結果、例年に漏れずムスコは勝てず)

「藤の花」2:1の縦横比をもう少し横幅を増やして欲しいとの依頼に、手書きの線を足して、後はPhotoshopを使えば直ぐさと取り掛かるがアレレの連続。1〜2時間でと思った作業に1日かかってしまう。アナログ人間はこういう時はキッパリとデジタルを諦めて最初からアナログに徹するべきであった。

今回の仕事で使うガラスをカタログやサンプルガラスで拾うが、昨今の欧米のガラスメーカーに対する環境規制からもあり、廃盤となっているガラスが多く、また今まではステンド用とフュージング用(窯で熱をかける用途のガラス)を分けて作っていたのを統一したガラスに替わっていたりと色々と端境期である。また藤の花以外の2枚の抽象的デザインに使えそうなガラス、特に今回はトイレや壁に仕込んだライト・ボックスに嵌め込むので、不透明なガラスしか使えない。となると色の流れなど1枚1枚違うので実際に手に取ってみるしかない。
で、9日に先ずは名古屋のガラス屋に向かう。カミサンもこの日は完全にオフだしドライブ日和なので同行するという。7時半に出て中央道を走るが結構車が多い。10時半頃にステンド材料卸の十條商事に到着。ここは大きな倉庫に透明系と不透明系、メーカー別、色別に何万枚だか何十万枚かのガラスが棚に並んでいる。その中から使えそうなガラスを選ぶのである。大体の目星を付けてあるガラスを1枚1枚引っ張り出しては選ぶがなかなかこれは!と思うガラスが見付からない。あちこちの棚を見て回り
何とか使えそうなガラスを送ってもらうことにする。
大阪の業者にも電話して在庫を確かめるが、こちらもそう在庫が無いらしく、わざわざ大阪まで行っても無駄足になりそうなので諦める。

さて昼飯を食わねば。名古屋のガラス屋には多い時には年に数回来るが、近辺に「これは!」という店はあまりない。栄にでも行けば色々とあるのだろうが、車で慣れない名古屋の街を走り回る気はない。で、いつも近くの山本屋総本店で「味噌煮込みうどん」となるのであるが、たまには違うものにしたい。ネットで調べたら「シルクロード料理 香膳」という店が近くにある。入ってみると白で統一された明るいこじんまりとしたお店。陽気なウイグル族のおばさんが「初めてか?」「何処から来たか」「どうやってこの店を知ったのか」と矢継ぎ早の質問。「長野県から来た。ネットで調べた。近くに用があって。以前、内モンゴルに行ったことがる。羊肉が好きである」等々と質問に答えながら彼女のお薦めの「ラグマン」と「水餃子」とお茶とノンアルビールを注文する。
ノンアルビールやお茶を飲みながら待つこと20分程か、先ずは水餃子が出てくる。勿論手で延ばした皮にぎっしりの羊肉の餃子。美味い!内モンゴルでも毎日昼食に出ていたものより洗練された味である。次におばさんが両手に打っている途中の長く延ばした手打ち麺を見せに出てくる。「今日の生地は上手く出来たから美味しいよ!」とニコニコしている。出てきたのはピーマンや白菜や中国唐辛子と手打ち麺を辣油のような油で炒めた麺。2人前を頼んだのだが大皿に山盛りである。麺を箸で食べようにも麺が長くて小皿に取れない。おばさん「ノーノー、皿に顔を近づけて顔中真っ赤にしながら食べるの!」と教えてくれる。これも美味い!ウイグル族の家庭料理らしいが、どうも内モンゴルより繊細である。大皿にカミサンとかじりついてお腹一杯。美味しい中国茶が脂っこさを流してくれる。

さて帰るか。近くの酒屋に寄り、富士見では置いていないジンを買い込んで走り出す。いい天気であるし、さすが名古屋だけあって暖かい。昼食を食べた香膳の前にはおばさんが育てている薔薇が咲いていたし、車からは梅や椿が咲いているのも見える。カミサンが「私が運転しようか?」と心にもないことを言うが、ワタクシはまだ命が惜しいので運転する。中央道上りはトラックがやけに多い。中央アルプスや雪の少ない南アルプスを見ながらのんびり走り、夕方帰ってくる。

450Km程の運転であったが、思いの他疲れる。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

大晦日も大変!

昨日の水道工事で、変な体勢で作業していたので体中が痛い。
風呂場や洗面所などを大掃除する。
我が家の水道は町の水道であるが、集落の下の方にあるせいか細かい砂や配管からの錆などが多い。であるから洗面所の洗面台の排水溝回りに鉄錆の赤い汚れが付く。これはちょっと擦った位では落ちないので2000#のサンドペーパーで毎年落とすしかない。この洗面台とトイレ掃除がワタクシの毎年の瀬の仕事である。あちこちと体が痛くてはかどらない。それでも洗面台と風呂を磨き上げたのであるが、トイレは秋口にシャワレットの故障時に修理屋が来る前に徹底的に磨き上げておいたし、年末にクボタ君が来る前にも掃除しておいたので、軽く済ます。

で、夕方早く風呂に入ろうとボイラーの「風呂自動」を押し、「お風呂が沸きました」とのアナウンスに風呂に入ったのであるが、何だかシャラシャラと水音がするし、何時もの水位よりお湯の量が少ない。「ヤバい!」。昨日の作業後であるからして何かボイラーに不具合でも起こしてしまったのかと慌てて服を着て外のボイラー周辺を見るが、水漏れは起こしていない。
浴槽の循環口あたりが怪しい。見ているとどんどんお湯が減っていく。アチャーである。昨日の作業で変な圧でも掛かって減圧弁がおかしくなったのか?
もう暗くなってきた。今日も水道周りを調べる気力もなく、あまり増えない風呂に昨日直した給湯栓からお湯を出しながら、あまり溜まらぬ風呂に3人次々と入る。
年越し蕎麦を食べてから恒例の「9ブリッジ」。軽くいなして、年越し。

で、昨日は元旦。ムスコは年越しライブに出ていたので昼過ぎに帰省するとの事で3人でお節料理と雑煮。うららかな暖かい元旦となる。

さてまた水道工事である。風呂を見ると昨夜の残り湯が全て抜けている。アレッ!循環口から抜けているなら循環口のすぐ下までは残り湯があるはずであるが、きれいに全て無くなっている。ということは排水口から抜けたのである。なぁ〜んだ!
昨日風呂掃除をした時に、ゴム線の下のゴミ受けも外してきれいに掃除したのであるが、その時にゴミ受けをきちんと嵌めていなかっただけである。ただ差し込むのではなく、差し込んでから回して嵌め込むようになっているのを忘れて、ただ挿しこいんだだけだったので、ゴム線が浮いた状態になっていただけで・・・
散々慣れぬ水道工事の後だけに、てっきり減圧弁でも壊したと思い込んでいただけであった。

昼過ぎに帰省したムスコはお節料理の後、風呂に浸かって良い気持ちとのことにヤレヤレであった。
夜は9ではなくて4人で7ブリッジ。息子は相変わらず博才がない!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

年末まで仕事が忙しく、またパソコン入れ替え後、Photoshop 2020とプリンターの相性が悪く、色々と設定をいじっているうちにすっかり賀状を書く気力も落ちて?、今年は賀状を出さずじまいとなってしまった。

おまけに風呂のサーモシャワー栓からの水漏れが酷くなり、注文したシャワー栓が30日夕方に届く。
ムスメも昼過ぎに帰ってきた事だし、早速古いシャワー栓を外そうと給湯側の方のカランを回すとやけに固い。ムムム、ひょっとしてカランではなく壁の中の直管継手の方が回っているのか?いずれにしろシールテープを巻いてあるのなら一度緩めてしまったら外すしかない。案の定継手から外れてしまった。さて困った。カランと共に外れた直管継手はメスである。壁の奥にオス側のパイプが見える。となるとシールテープはオス側にしか巻けないので家の外の配管を外してとなる。ところがいざ外から見てみると、シャワー側の1.5m程離れた反対の端は風呂への給湯となってやはり壁に入り込んでいる。おまけにその1.5mの中間部から下に延びた給湯側パイプは地中から延びている。要するにT字の横棒の一方はシャワー側、反対側は風呂への給湯、そして真ん中の棒は地中へ(地中を通ってキッチンと2階の洗面所に通じている)となっている。仕方ない、シャワー側を力任せに引っ張り出すしかないが、あんまり力任せに引っ張れば当然風呂への給湯側や地中のキッチンへの配管に影響を及ぼす。もし何処かの継手やエルボーに変な力が掛かったら手に負えなくなってしまう。でもやらにゃあシャワーが使えない。ジワジワと力を掛けて引っ張るが抜けない。さあて困った。一時は水道屋なり設備屋を呼ぶ事も考えたが、30日のもう暗くなった頃である。仕方ない、今度は風呂の給湯側のカランも外すしかない。こちらはサーモが付いていない混合栓である。給湯がわを祈るような気持ちで外す。上手くいった。で、シャワー側の配管を引っ張るとボコっと壁から外れてオス側の配管が壁から抜ける。やれ、やったと早速オス側にシールテープを多めに巻き付けてから壁に押し込もうとするが菅の口の1/3位が外壁に当たっていて入らない。工事用ライトの下、目線位置に配管があるので力が入らない。脚立やバールなどを使っても入らない。これには困った。もう19時である。腹も減ったが、台所ではお湯も使えずである。風呂側から鉄の棒を配管に差し込んでこじったっりするが入らない。脚立の位置を調整して一番力が入りそうな体勢で、エイヤッと力任せに風呂給湯側に引っ張ったらズボッと入った。ヤレヤレである。急いで風呂給湯側の混合栓にシールを巻き付けて締め上げ、次に問題のシャワー側サーモの給湯栓に先ずシールテープを巻き、そこに継手を万力を使って抜けないように締め上げる。さてこれからが問題である。サーモ付き混合給湯シャワー栓の給水側と給湯側のカランの出を同じにしなければならない。シールテープは一度締め付けたのを戻したら水漏れを起こすのでまた外してシールテープを巻き直さねばならなくなる。給湯側を先ず付け、それに合うように給水川を締め上げる。壁の中などで水漏れを起こしたら、今の時期であるから一発で凍って大惨事になる。どうにか出を同じにして完了。もう20時を過ぎていたが、やっと完成。
夕食後、のんびり風呂に浸かる。
全く慌ただしい年の瀬であった。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

いやいや!

昨日も昼食後の薪割り。最近歩いていないのでその分丁度良い運動。
イッペイさんからもらった桑の木を裏庭の雪の下から引っ張り出して運んで割るが、こちらはあまり乾燥していない。使えるようになるのは2月からか?

庭からの八ヶ岳が美しい。

午前中、40数年来の付き合いのある車屋の社長から電話。「オクズミさん、謝らなきゃならない事があって・・・」「俺、どうにも会社の経営方針と合わなくなって、この半年色々あって、12月で身を引いたんだ・・・」「俺はお客様第一のつもりで頑張ってきたつもりだけど、どうにも我慢できなくなって・・・」「ただ、俺が辞めなけりゃ会社が分解してしちまうってことで・・・」「本来ならオクズミさんには直接会って謝らにゃいけないんだけど・・・身体も悪くしちまって・・・医者からもドクター・ストップが掛かっちまって・・・」とのこと。

この車屋さんと言うか修理工場、こちらに住み始めてからづっと我が家の車の面倒を見てきてもらった。当時はまだ工場もバラックみたいな建物で、先代の社長からの付き合いである。とにかく「車好き」の工員さん達がいて、どこか壊れても直ぐに新品の部品を取り寄せるのではなく、時には旋盤で削り出して部品を作ってくれた。「オクズミさんみたいにこれから何かやろうとしている若い人たちから金は取れない」と言って、なるべく安く直したり、予算に見合う中古車を探して一緒に中古車屋周りをしてくれたりもした。結局新車3台、中古車3台をここで買い、車検も全て頼んでいた。

20年程前に新工場を建ててからは修理を工場長達の若い世代に任せ、社長業をやっていたのだが「オラもう面白くない。今の車は何処か壊れればそっくり基板ごと取り換えるしかなくなって、昔の車のようにいじれなくなっちまった」と寂しそうだったのだが・・・新工場を建ててからスバルの新車も扱うようになって、売らなければならなくなったのだろう。

段々こういう職人気質の車屋も無くなっていってしまうのだろう。面白くない世の中である。

今日も昼食後に薪割り。これで4日目である。
裏庭の雪の下から桑の木を引っ張り出して南側のデッキ前に運び、チェーンソーで輪切りにし、斧で割り、デッキに並べる。デッキが満杯となったので年内の薪割りを終了とする。
当面は玄関前に積んである非常用?ので間に合うだろうし、もし2月になっても桑の木が乾かなかったら床暖とファンヒーターと、それこそもう10年も前に割っておいた家の北側に少しだけ残してあるマル特非常用の薪を組み合わせて使っていればそのうちに桑の木も乾くであろう、と思うことにする?

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

キリギリスは相変わらずで・・・

今年も残すところ1週間もなくなった。うむ、1年が早いと感じるようになってから何年経つのであろう。まあ長生きはしたくないと思っているのでソレはソレでケッコウなことではあるのだが。

昨朝は寒かった。マイナス8℃まで下がった。こうなるとファンヒーターでは寒い。朝から薪ストーブを焚かねばならないのであるが、薪が心許なくなってきた。外にはまだ切ったり割ったりしていない原木が積んであるので薪を作れない訳ではないのであるが、ヤル気が起きない。薪割りには暑すぎる、いや今日は寒過ぎる、仕事が忙しい、腰や膝が痛いと、要するに怠けているのである。やっぱり今年もキリギリスなのであるが、さすがにデッキに積んである薪が殆ど無くなり、玄関の外壁に積んである、昔は「非常用」と考えていた薪に手を付けるに至って、昨日の午後から昼食後の運動にと重い腰を上げたのである。

取り敢えずデッキの下に積んでおいた原木をチェーンソーで切り、そのままストーブに入る太さのをデッキに並べるが、幾らもない。仕方ない、斧を持ち出して太いのは割る。今割っているのはコブシであるから火持があまり良くなく、薪には適さないが原木のまま乾燥しているので直ぐに使えるし、スコンスコンと斧で簡単に割れる。久しぶりの薪割りが気持ち良い。こんなことならもっと早くからやっておけば良さそうなものだが、キリギリスというのは「明日出来る事は今日やらない!」のであるから仕方ない。
裏庭にはコイケ・イッペイさんの畑からもらってきた桑の木の原木が積んであるが、先日の雪を被っている。サイワイなことに今日の午後から雨が降る予想であるからこれで雪も溶けるのではと期待しているのである。でもこういうのは「キリギリス生活」と言うより「泥縄生活」と言うのであろう?

ま、まだ冬はこれからである。割ってデッキに積んでおけば冬の乾燥した天気で直ぐに乾く。これから天気を見ながら昼食後の運動に割っていくしかない。
と、今日も昼食後に割り始めて1時間ちょうどでミゾレが降り出したので止める。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個