空前絶後の給付金であるから

書き忘れていた。
一昨日、役場から「特定給付金の手続き書類」というのが届いた。いわゆる10万円の給付金の申請書である。
「空前絶後」の「スピード感を持って」の給付金だそうだから、プリンターを使って通帳と免許証のコピーを取り、「スピード感を持って」ポストへ。

そう言えば「スピード感を持って」の「アベノマスク」はまだ来ない。

先日マエジマさんと電話で話していた時に聞いたのだが、彼の友人の勤めている社員140名ほどのIT企業だが、社長がこのコロナ禍での売り上げ減少に関して「新しいビルを買うつもりで貯めていた資金がある。ビルを買うのを止めてそれを社員とバイトの給料にする。3年間はそれでやり繰り出来るから安心してテレワークを続けて欲しい。ビルなんかまたいずれ買えるから」と言ったとのこと。剛毅な社長である。「スピード感を持って」「空前絶後の」「責任は私にある」の、どこぞの裸の王様とは大違いである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

空前絶後のバカ

一昨日のアベの会見では目がテンになった。政府のコロナ対策や経済対策を「空前絶後の・・・」と!
正に空前絶後のバカである。

それにしても日本でのコロナ死者数が少ないのは何故?と思っていたら・・・。
10万人あたりの日本の死者数0.64人は欧米に比べると明らかに少ない。但し、アジア・オセアニアで見ると台湾の0.03を筆頭に、中国やオーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、韓国より日本は多いのだ。中東を除くアジアの中だけで見ると日本より悪いのはフィリピンとモルディブだけという結果で、日本はむしろ多いという。

今回のランプシェードの仕事が終わる。

昨夜はミドさんをお招きして7月5日の「田舎でJAZZライブ」をどうするか話し合い、無期限延期と決める。ミュージシャンには大変申し訳ないが、どうにも「安心して楽しむ」という保証が出来ない。お願いしてあるミュージシャンにどうお伝えするか、頭が痛い!

夕食はお通し、山菜の天ぷら、茶碗蒸し、ちらし寿司と、和食をカミサンが頑張る。

食後はムスコの先日のライブ配信を皆で見る。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

新緑の季節の中でのんびりした日々

21日夜、横浜エアジンでのピアニストの石田幹雄氏とムスコのDuoライブが配信される。パソコンの前でカミサンと見る。1stが即興のフリーJAZZ。2ndがそれぞれの作曲した曲。二人共思いっ切り弾き、吹きまくり。ヨシヨシ、イイゾ!

映像も音もなかなか良い。後でムスコから聞いたら、カメラマンは高校の先輩で、音は中学の先輩だったとのこと。ムスコよりずっと上なので知らない方だったらしいが、横浜で出会うとはと驚いていた。

22日。注文していたハンダ付後の黒染め用薬品が届かず、天気も良いのでスパーで買った弁当を持って霧ヶ峰の葉っぱちゃんの家に行く。いつもながらの明るい声で迎えてくれる。隣に住むイシガミさんとも10数年ぶりくらいに会い、お互いの病状報告?
昨年に続き7月に予定している「田舎でJAZZライブ」に関して葉っぱちゃんと相談。開催すべきか延期するか、どうにも難しいところである。観客の年齢はワタクシより少し上が多いし、なんてったって打ち上げが楽しいし。今月末まで様子を見ることにする。
帰りに牧草地にてワラビを摘んで帰って来る。

本日は初夏のような晴れ。暑くも寒くなく気持ちいい。
薬品で半田付け後の黒染めとワックス掛け。後は配線のみとなる。

笑ったのはカメに息子のライブ配信を知らせようとSNS・メールするが届かずに返って来る。で、電話したのだが「お客様の都合により只今お繋ぎ出来ません」とのこと。???時期が時期である。ルミさんに電話したら「アハハ、カメったらスマホを無くして。おまけに今、SOFT BANKが混んでいて月曜にならないと手続きが出来ないんだって」とのことに、安心したが、笑ってもしまう。時期が時期だからとルミさんも笑っている。
「まさか自分の人生でウィルス騒ぎに巻き込まれるとは思ってもみなかった」。「バカなトランプのことだから第三次世界大戦に巻き込まれるならまだあり得ると思っていたけれど・・・」。

仕事を終えて庭に出てみる。山ウドがずいぶんと伸びている。ワタクシは山菜の中ではこの山ウドが大好きである。この新芽のところを天ぷらにしたのがタラの芽より美味いと思っている。またカミサンが誰かにもらってきてテキトーに植えたブルーベリーも花を付けていた。

ムスコから電話。10万円の給付金の申請用紙が届いた由。オーストラリアで足止め中のムスメのも何とか取ってやらにゃあならん。
そろそろ我が家にも申請用紙が届くかな。
アベノマスクはいらないが!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

この国はいつの間にやらマンガになっていた!

本日は2ヶ月に一度の内科。何となく今時は行きたくないのであるが、病院は空いていて、血液検査・診察・会計・薬局ともスムーズ。何時もこれくらい空いていると助かるのだが。

昨夜、渦中の黒川検事長が産経・朝日の記者と賭け麻雀との文春ニュースが流れる。「???」である。今、国内で一番注目を浴びている人物と言っても過言ではない人である。おまけに検事、それも検事長がコロナ自粛中に「賭け麻雀」。悪い冗談としか思えないし、「小説は事実より奇なり」と言っても小説だったらこのオチは余りにも酷い。

こう言っては漫画家に悪いが、まるで出来の悪いギャグマンガの世界。

ワタクシはもう何十年もマンガを殆ど読まないので知らなかったが(真面目に読んだのは学生時代の事故による長い入院生活中に「あしたのジョー」と「デビルマン」と「ベルサイユの薔薇」だけ。これは友人が全巻を持ってきてくれたので読んでは病室のロッカーに並べ、貸し出帳を置いて看護婦さんに貸し出した)、この国はいつの間にやらマンガの国になっていたらしい。
そう言えば、アベノマスクもマンガであるし、スガ官房長官に至っては「マスク(アベノマスク)配布のおかげで品薄だったマスクも市中に出てきたし、値段も下がった」と記者会見でマジメに言うのもマンガ。もっと言えば裸の王様が突然閃いて休校を言い出すのもマンガだし・・・

マンガの世界で、コロナがどういう形で終息するのか楽しみ?
果たして大逆転があるのか、それとも・・・

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

苦戦していましたが

今作っているのはランプシェードであるが、使っているガラスの元板の厚みが一枚の中で2.5~4.5mmと変化が著しく、綺麗な半球型にするのに苦戦していたが、どうにか3個とも形となった。後はハンダ面の黒染めと洗浄、配線、磨きで完成である。
それにしても照明器具は半田付けに使うフラックス(塩化亜鉛水溶液)の量も多く、また半球型であるから吸引装置に上手く半田付け時のフラックスから立ち上る水蒸気を吸わせることも難しい。マスクをして作業するのだが身体に悪いことは確かであり、また作業後は指先のベタベタを洗剤で洗ってもなかなか取れない。数年前には急性アレルギー性副鼻腔炎となり入院したこともあったので要注意であるが、ほぼ今回の作業を終え、ホッとしている。

昨夜ムスコからの連絡。明日の横浜エアジンでのピアノの石田幹雄氏とのDuoはお客さんも入れるのだが、このコロナ禍では多くは望めず、有料配信することになったとのこと。

興味のある方は是非下記から有料配信をお願い致します。
https://umemotomusica.stores.jp/items/5ec2639fcee9ea545d01183b

補足:

以下は横浜エアジンからのお知らせです。

「2020.05.21(木)19:00~
有料配信ライブ from 横浜エアジン
『石田幹雄(p)&奥住大輔(as)
       DUO 2020.5.21』

 

・・・・・・・・
開店 18:40ころ
ごあいさつ18:50ころ
Live 1st stage 19:00ころ
       2nd stage  20:20ころ
<お知らせ>
この日は石田幹雄の要望で
ライブは2セットでお送りします。
配信の都合上、30分辺りで
一瞬(5秒程度)映像が途切れますが、
すぐに配信を続行いたします。
   
・・・・・・・・・
ライブ配信は当日
夜7時ころ』からの予定です。
配信終了後も14日間は何度でも視聴できます。
(ダウンロードは出来ません)
カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個