ワタクシの知るアブナイ人達

先日長野県中野市でサバイバルナイフや銃で4人を殺害し、立てこもった男が逮捕された。自分が「ぼっち」と言われているのではないかと異常反応したのではないかと言われているようだが、この男は銃を4挺も所持していたとの事・・・

そう言えばワタクシの周りにも銃所持者でアブナイ人々が・・・

思い出すのはかれこれ40年近く前、友人の紹介で知り合った男で何度か彼の家に行ったことがある。それなりに面白い男ではあったのだが・・・
彼は離婚直後であり、鬱っぽい男だった。狩猟免許を取りたてで、一度彼の銃を見せて貰ったことがある。一般的な散弾銃の他にアメリカのギャング映画に出てくるような銃身が短く、銃床も小さく腰だめで撃つようなショットガンも持っていた。「これ本物?こんな銃って何に使うの?」と聞いたら「もちろん本物。近距離で猪を撃つ時に・・・」???とか何とか言っていたが、ゾッとした。
ワタクシの知り合いには全国的に名を馳せた熊猟師(職業としての狩猟者)やハンター(ワタクシの中では勝手に、趣味としての鳥専門の狩猟者で、中でも紳士をハンターと呼んでいるのだが)がいるが、彼等の銃は火縄銃と言いたくなるような古い単発銃であったり、ハンターのは見事な彫刻が施された美しい美術品のような銃であった。
この猟師やハンターとは全く異質なものを件の鬱男感じて、以来会うのを一切やめた。今はどうしているのだろう?

またこの町の80なんぼのオッサンもかなりヤバイ。もう10年ほど前に、彼の知り合いの罠に掛かった鹿の止め刺しを頼まれ、許可猟区以外だか禁猟時だかに発砲して銃所持免許を取り上げられた。この男、漁協組合員でもあるのだが、とにかく自分の損得しか考えない男で、放流時にバケツに入れた魚を勝手に自分の家の近所の小川に持って行こうとしてワタクシが怒鳴りつけた事もあった。それがどういうわけか前回の町議選に出てビリ当選してしまったのだが、「議会だより」に捏造記事を書いて新聞沙汰になった。サイワイというか当然というか、今年の町議選にも立候補したが落選した。遵法精神が大いに欠けているのがコワイしヤバイ。

もう一人銃所持者でちょっとなぁと思う男もいる。一見極々まともであるが、どっちかというと引きこもり気味。センスは良いのだが、カッコつけぇなところがあり、スタンドプレーが好きな男である。彼を知るある友人も「案外ああいうヤツに鉄砲を持たせるとアブナイ」とワタクシ同様に感じているのだが・・・

前にも書いたが、日本では一般人は狩猟免許を取得すれば銃の所持は可能であるが、この狩猟免許試験というのはかなりいい加減なものである。ワタクシも30年ほど前の漁協の専務理事時代に養魚場に来る「ゴイサギ」や「サギ」の被害から、罠猟の資格を得るべく狩猟免許を取得したことがある。(尤も講習を受けてゴイサギやサギは禁鳥と呼ばれて獲ってはいけない鳥と初めて知ったのだが)
申請するにあたって医師の診断書が必要とあって、町医者に行ったのだが、問診どころか「住所は何処?」「立沢です」「あっ、そう」でおしまい。これは本来「精神疾患」や「アルコール中毒」などではない事を証明するはずであるが、座って10秒でハンコをくれた。
筆記試験もいい加減なもので、「どっちが〇?」なんて大声で隣の受験生に聞いていている人に対して試験官はほとんど注意もしない。カンニング天国である。こんな狩猟免許制度にも呆れたが、免許更新で来ていたオッサンにも笑った。昼休みに自分の車から沢山の猟具を出して自慢げに説明していたのだが、このオッサン見事筆記試験で落ちて追試となった。ベテランそうだったが・・・
また銃の取り扱い講習と罠の講習が同じ部屋だったのだが、教官が「絶対に銃口を人に向けてはいけない」と説明しているのに、あるオッサンは3度も人に銃口を向けて教官から「ちょっとこっちに来なさい!」と叱られていた。

狩猟免許に合格しても銃所持免許となると、警察が当人の近所に聞き込みに行き、その人に精神疾患やアル中ではないか等を調べるとの事だが、近所といったてよっぽどの騒ぎでも起こしていなければそうそう誰も言わないだろう。

ただこの狩猟免許試験場で一番印象に残っているのは、試験と更新に集まった70〜80名ほどの人達の醸し出す雰囲気が、何処かワタクシとは相容れないような違和感であった。言葉では説明し難いのだが、日常生活では感じない違和感であった。

20数年前の狩猟免許の話で、今はもっと厳しくなっているのかもしれないが、国内では15万挺の銃が所持されているという。獣害も増えていて県でも狩猟免許所持者を増やそうとしているが、精神疾患も増えている昨今、ちょっと恐ろしい気もするのである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

お別れ

カミサンが指導しているコーラス・グループの会長を長く務めてくれたトヨグチさんが急逝された。
3年近く前にご主人を亡くされ後、ご自身も腰を悪くされ、体調も芳しくなく、心配していたのだが・・・

カミサンなどはコーラス指導をするにあたって、トヨグチさんが何くれとなく気を遣って下さったから長く続けられているのだが、それだけでなく我が家の、特にムスメを可愛がって下さった方である。秋田出身だが、戦後の幼少期は随分と苦労されたとのこと。その経験からか人に対する気遣いをきちんとわきまえた人で、コーラス・グループ60人近くのまとめ役を長く務めた方であった。
以前にも書いたが、我が家ではトヨグチさんの方に足を向けては寝られないほどお世話になった方である。

昨日はコーラス・グループの主だった方5〜6名がお別れに伺うのにワタクシも同行する。
沖縄と北海道に住むお子さんが、それぞれの家族やお孫さんも連れて集まっておられる。
トヨグチさんは今にも起き上がりそうな安らかなお顔である。
何度もお会いしている長男からいろいろお話を伺う。
寂しい事である。

帰り道、ワタクシの車に同乗していたキタハラさんとノグチさん、カミサンと南原のアヤメが咲く道を通って帰る。このアヤメは南原の住民有志が植えたとの事だが、昨年よりずっと増えていて、400〜500m以上続く見事な景観である。
外来種のド派手な花々ではなく、アヤメを植える南原の住民の美意識を嬉しく思うと同時に、毎年これを見たらトヨグチさんを想い出すだろうとカミサンも悲しげである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

数年ぶりに胃カメラを飲む。

胃カメラが嫌いという人も多いようだが、ワタクシも好きではないが、どーってことはない。
ところが今回は・・・
検査中に胃を膨らませる空気だかで刺激されたのかが屁が止まらなくなる。検査を終えて直ぐ主治医からの
説明があったのだが、その最中にもブー。「いや、失敬!」。匂わないが音が大きい。

胃は綺麗で問題なかったので、次は6月中旬にこれも数年ぶりに大腸ファイバーもやってもらう事にする。

それにしても屁が止まらない。待合室で大腸ファイバーの予約状や会計への書類などを待つ間にもブー。
予約センターで看護師から当日の下剤の飲み方の説明を受ける間にもブー。
会計を待つ間にもブー。
「いや、失敬!」の連発である。
ま、そもそも病院なんてとこは何かしら体がオカシイ人の集まりだし、もう老人なのでカンバンである。

そんなこんなしているうちに胃カメラ検査から1時間が経ち、ラウンジにて朝食がわりのサンドイッチとコーヒーを
飲んだらようやく止まった。

イヤハヤ、次の大腸ファイバーが思いやられる・・・!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

田植え

昨日は晴れ。朝、神戸に行くカミサンを駅まで送ってから茅野のイッペイさんの田圃へ。8時半集合だが、8時前に着き、用意していたらイッペイさんも来る。早速田植え開始。今年は水を少なくしてあるとの事で快調に進み、8時半にカワダさん、ミワさん、ウシダさんが来る頃には1/3程度植え終わる。10時の休憩前にはほぼ植え終わる。イッペイさんも百姓5年目となり進化している。11時頃には手植えも終わる。ワタクシは足が泥に取られる田圃に入るには膝が不安で、パレット運びや田植え機の洗浄など。
昼食は田圃の横で豚汁におにぎり。日差しが強くて頭がジリジリする。

13時頃には解散。夕食を作るのが面倒くさいので弁当を買って帰り、風呂から上がってビールを飲んだら寝入ってしまう。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

草刈りシーズン

今年も草刈りに追われるシーズンとなった。昨年はまだ膝が不安定でカミサンが頑張ってくれたが、今年はそうも言ってられない。
昨日は快晴でおまけに夏の暑さ。
タンポポも咲き終わり、綿毛となっている。ワタクシはタンポポが好きであるから、飛び立つ前に種を我が家の地面に残そうと思うのである。で、草刈り。一昨日、家の土台周りや薪原木の周囲を草刈機の刃をワイヤー刃で刈ってあるので、今度はチップソーでジャンジャン刈る。
お日様にあまり当たっていない生活をしていたので、強い陽射しが気持ちいい。大汗をかきながら1時間半ほど草刈機を掛ける。
さて、そろそろ薪原木をチェーンソーで玉切りし、それを割る作業を始めねばならないが、チェーンソーを使うには膝が若干不安でもある。ちょっとヨロケルと手術した方の足が次の一歩がサッと出ないのである。チェーンソーを持ったままヨロケルのは最悪であるから、積んである薪原木に足を取られないようにしなければならない。普通は積んである原木にカットする位置にチョークで印を付けて、片っ端からチェーンソーで切っていくのだが、さて果て、今年はどうやろうか?

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個