アマリリスの時期に

冬というか晩秋というか我が家のアマリリスが今年も咲いた。この鉢植えは26年前にアッチの世界に行ったオフクロが東京の家で育てていたもので、その後21年前に一人暮らしがしんどくなったオヤジと共に我が家に引っ越して来た鉢植えである。カミサンが管理していて、夏場はデッキに、秋からは家の中の日当たりが良い場所に入れて居るのだが、毎年この時期になると大輪の花を咲かせる。このアマリリスの正式名称は大輪八重咲きアマリリス:アフロディーテと言うらしい。これから暫くはいくつかの蕾が次々と咲く。鉢に水を張って切り花を浮かべて置いてもしばらくは楽しめる。カミサンに言わせると「すごい生命力。まるでオカーサンのよう」とのこと。オフクロは、当時は不治の病と言わていた悪性リンパ腫で余命3ヶ月を宣告されたのだが、始まったばかりの血液ガンに対する抗がん剤治療を受け(抗ガン剤の組み合わせが試行錯誤されていた時期)、11年という当時の最長不倒を生きたのである。当時の抗ガン剤治療の副作用は今とは比べものとならないほど強かったようだが「私はガンに対して頑張って戦おうとは思わない。医者を信じ、なるようになると思っているだけ」とよく言っていた。主治医はとても温厚な方で、手の中で温めた聴診器を長時間当てては適切な診断をして下さった。「聴診器というのは凄いもので、データでは分からない様々なことが分かるのです」とよく言っていた。おかげで2〜3年に一度、数ヶ月入院してはこのきつい抗ガン剤治療を受けた後、免疫が上がってくるとほぼ自由な生活に戻れ、その間はオヤジや姉と数ヶ月の海外生活(オヤジとは3ヶ月のフランス生活、姉とは1ヶ月半のフィンランド生活等)を楽しんだりしていたのである。毎年アマリリスが咲くとオフクロを思い出す。

69歳でアッチに行ったが、あと半年でワタクシも同じ歳になる。

反対にオヤジは「ガンなんて取っちまえば治る」といたって好戦的で、脳と肺と食道・小腸・直腸以外の消化機のほぼ全てを切除し、腎臓片方・前立腺も切除し、肝臓ガンの上、骨盤も大腿骨にも転移したのによく食べ・よく飲み・よく吸いは83歳の最後まで続いた。

さてはてワタクシはどちらに似ているのやら。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

三角ドライバーを作って充電器の修理

そろそろ除雪機の準備をと思い、夏の間は外しているバッテリーを充電しようとバッテリー充電器に繋ぐが、充電器のモード・スイッチを押しても「待機中」のままモード切り替えが出来ない。
この充電器は数年前に買った大橋産業の「BAL No.1734」というモデルである。
で、ネットで調べてみたら修理方法が幾つか出てきた。どうも「モード切り替え用のタクトスイッチが腐食して・・・」が多いようである。
そこで早速充電器の裏蓋を外そうとしたが、皆さんが書いているように裏蓋を止めているネジが「三角ネジ」ある。ワタクシも「三角ドライバー」は持っていない。ネットでは六角レンチの先を三角に削るというのが多いようであるが面倒くさそうである。またラジオペンチでというのもあるが、ネジが奥の方にあるのでダメである。三角形の金属棒が無いかと工具箱を探っていたら6本組のチャチなヤスリがあり、そのうちの1本が三角形である。シメシメ。但しその先端は尖っていて、そのままでは使えない。三角ヤスリの先端などまず使うことはないので、先端をグラインダーでほんのちょっと削る。ジャストフィット!
計8本の三角ネジを外し、裏蓋を外して基板を取り出し、タクトスイッチにテスターを当ててみるが導通がない。やはりスイッチの腐食のようである。(この辺のことはネットにBAL No.1734 充電できないとでも検索すれば色々出てくる)
で、タクトスイッチを基板に付けたまま分解してみるが腐食は見当たらない。一応接点復活剤を噴いてから組み直すが、ウンニャ!である。
スイッチ周りをザッと見るが異常はなさそうであるが、遠近両用メガネではシカトは確認できない。そこでハズキルーペ様の拡大鏡を付けて子細に調べたら、このタクトスイッチの足の半田付けがイモ半田になっている。半田付けをやり直してからテスターを当ててみたら導通がある。
ヤレヤレ!

裏蓋をネジ止めする前にバッテリーに繋いでみたら、ちゃんとモード切り替えが出来た。

何やかやで3時間ほど掛かってしまったが、ま、直ったのだから良しとしよう。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

晩秋

ここのところ朝晩はマイナスが続いていたのだが、昨日今日とプラス。

ただ木々の葉っぱも随分と落ち、いよいよ冬が近くなって来た。紅葉もお終いである。

 

ウォーキングで通る東の溜池は狩猟禁止だが鴨などの水鳥はおらず、波も立たないので逆さ八ヶ岳が映っていた。

東の都から帰ってから2週間の自粛生活?をしていたのだが、この間はデッキに積んだ薪の、この1ヶ月で減った分だけを割ったり、煙突掃除したり、2階への階段脇に落下防止用の柵?を設けたり(実は先日、ワタクシが2m程の高さから「階段を」ではなく、階段脇を2mほど空間移動した。サイワイ尻を下にV字型体型で移動したので、壁と階段下の収納との間に挟まりケガなく済んだ)、あれこれ整理したり、アメリカ大統領選を見たり、ウォーキングしたりしていた。

さて遊んでばかりいられない。作りかけの作品を完成させねば。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

湯飲みが治った

1ヶ月半ほど前に湯飲みの金継ぎをお願いしたノグチさんが金継ぎが終わったと届けてくれる。
ノグチさんはカミサンが指導しているコーラスグループの方のお嬢さん。今年、今までの東京での生活を引き払い、こちらに定住し始めた人。
もともと家の柱や床の傷や家具などの補修などをやっていたのであるが、陶器の金継ぎなども始めたとのことで、前に遊びに来られた時にワタクシの湯飲みとカミサンの湯飲みをお願いしておいたのである。
数百円で買ったワタクシの湯飲みであるが、重さや手触り、お茶の量など気に入っていたのだが割ってしまい、それ以来いろいろ探すのだがどうもしっくりくる湯飲みが無くて困っていたのである。今回は『金継ぎ』ではなく『錫継ぎ』で直してくれたのだが、使い慣れた湯飲みが格好よくなって帰って来て大満足。

下の写真は札幌で7月にオープンしたスープカレーのお店「IN CURRY」さんのTwitterの中にあった写真。メールのやり取りだけで寸法などを決めて作った物でちょっと心配していたのだが、無事納まったようである。一度訪ねてみたいお店である。食べログなどの評価も高いようである。札幌の方は是非どうぞ。
https://twitter.com/incurry20

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

やっとバイデンが勝利宣言。
さてこれからトランプはどう足掻くのか?
スガも醜く足掻いているが

秋であるが、健気なタンポポも。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個