術後40日の診察

昨日は術後40日の診察日。お盆だからもっと空いているかと思ったが、病院は今日も結構な人。診察前にレントゲンがあるので早めに行く。予約時間より随分と早く診察してくれる。

     ワタクシの脚の画像

まだ歩くと膝に鋭い痛みが走ると訴えると「まだまだ!骨がくっついていないから痛みがあるのは当然です」???。手術前には、約1ヶ月半もしたら重い物も持てると言ったのに?であるが・・・「痛いということは無理しているから。痛みを感じない範囲内で生活して下さい」とのことで、痛みを感じるなら両松葉杖を言い渡される。
まあ、どこかに異常があるならそれも困るけれど、レントゲンを見ながら「異常は見当たりませんね。順調です。段々に痛みもなくなりますから」「まあ、術後3ヶ月もしたら痛みも取れますから」との事。サギ師め!ま、整形外科医は「飯より手術」の人種であるから???ショックというかガッカリである。
今までより強い鎮痛剤を処方してもらう。今度は50日後に診察とのこと。

混んでいる会計を済ませてから街のレストランへ昼食に。駐車場には県外車がいっぱい止まっている。
近くの席に座っている1歳くらいの可愛い金髪の女の子が天使のような顔をしてじっとワタクシを見つめている。手を振るとちょっと恥ずかしそうな顔をして顔を背けるが、暫くするとまたじっと見つめている。「彼女の背中にはきっと羽が生えている」とカミサンも嬉しそうに手を振っている。彼女のラテン系と思えるオカーサンが気づいて時々彼女の手を持って振ってくれる。あんなに可愛い子を持ったオカーサンも自慢の様子。

食材を買いにマーケットに寄っても県外車が目立つ。

夕方、キタハラさんがモロコシと枝豆を持って来てくれる。キタハラさんはカミサンが指導しているコーラスグループの役員さん。時々というより年中何かしら美味しいものが手に入ると持って来てくれるという、我が家にとっては決して足を向けて寝られない人であるし、カラッとしていて、話していて楽しい人である。丁度本日の富士見町の感染者数がスマホに送られて来てビックリ。本日の感染者数は26名。これを東京都の人口に当てはめると約26000名の感染者数ということになる。で、東京の感染者数は23000人程度。ゲッ!こんなに人口密度が低い小さな町なのにである。

 

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

台風8号接近中


サイワイ今のところ直撃コースは免れているが、どの程度降るのやら。

脚は未だに痛みが取れずにイライラ。台風接近中なのに何も出来ない。
脚に何が起こっているのやらである。16日には整形外科の診察があり、レントゲンも撮るので何か分かるとと思うのだが。
痛みには強い方だが、左足を床に着いた瞬間に走る痛みはどうにも辛い。右足が着いた瞬間には痛みは消えるのだが、また直ぐに左足を床に着けなければ進まない。歩行というのはなかなかに難しく複雑な動作のようである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

退院1週間

退院して1週間。やっと杖なしでも何とか歩けるようになった。痛みには強い方だがどうにも今まで杖なしでは痛くて歩けなかったのだが、昨日あたりからやっと歩けるようになってきた。とは言えまだ完全ではなく、階段などはにはまだ必要なのであるが。ワタクシが考えていたより1週間の遅れである。一つには主治医が70歳にしてはまだまだ脚を酷使しそうだしということで、軟骨の再生を期待して手術時に骨頭にわざと傷を沢山入れたところ、過去の脳梗塞や狭心症のせいで血液をサラサラにする薬を飲んでいたこともあり出血が多く、一時止まらなくなったことが原因と考えられていたが、ワタクシが考えるに、1日1600キロカロリーのヘルシー食のせいでの栄養不足で傷の治りが遅かったのではと思っている???因みに体重は退院時より2Kg増えた。
ま、いずれ治るであろうからあまり気にしてもいないのであるが。

ただ家にいて座っていると関節や筋肉が固まってしまうようで、動き出す時にスムーズに動けないし、痛みも走る。そんなこともあってなるべく昼間は外出するようにしている。車はマニュアルの軽トラでも運転に支障はないので、友人の処などに遊びに行く。
昨日はカワダさんの家に枝豆を貰いに出掛ける。
家庭菜園であるが、里芋・トマト・きゅうり・ナス・枝豆・トウモロコシなどが食べ頃になっている。昨日は枝豆を沢山貰ってきた。採りたての枝豆でビールを飲むが、夏には一番のご馳走である。

   トウモロコシにアマガエルが2匹


今日の午前中はナカムラさん宅に、かつて作ったステンドの位置替えに関しての相談があったので行ってくる。
テラスでナカムラさんと奥様とお茶をご馳走になりながらお互いのこの間の話し。ナカムラさんは以前よりお元気になられたように見える。
「もう88歳ですよ」に驚く。あちこちご病気をお持ちとはいえ、近くを散歩していらっしゃるとのこと。もう20数年のお付き合いであるが、最初にお会いした頃とちっとも変わらない。その間にこちらはオツムの飾り物が不自由になったのに!

1週間後には杖なしでどんどん歩けるようになり、9月下旬までには薪割りを始めなければならないし、9月下旬にはイッペイさんの所の稲刈りもあるし・・・
ま、そうノンビリしてはいられないのである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

ツイてない男

今日は朝から雨が降ったり止んだりで、気温も少し下がる。
その分、膝が痛い。この先天気が悪くなると痛むのでは困る。

夕方ムスコから電話。「8月6日のリーダーズ・ライブ、延期になっちゃった!」とのこと。パーカッションのミヤサカ君が濃厚接触者になってしまい、仕方ないので慌ててあちこちに電話してアンドウ・ノボルさんが引き受けてくれる事になったと思ったら、今度はライブハウスのご主人から電話で「濃厚接触者になっちまったので延期にして欲しい」との事。誰を恨む話でもないがガッカリとのこと。
今回のライブには入れ込んでいて、最初はピアノのフミちゃんがコロナに罹ったけれど、明日から普通の生活に戻れる事になりぎりぎりセーフと喜んでいたのだが・・・
どうもムスコには「ツキ」がないようである。以前もこの町でライブを企画してくれたが、何十年に一度の大雪で中止になったことがあった。どうもツイてない男のようである。

ま、そのうち宝くじの大当たりでも出して下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

一人で外出

昨日午後は家に閉じこもっているのも嫌なので一人で外出。
一本松葉杖で軽トラに乗り、ヒデの野菜直売所に行く。ヒデが入院中にジャガイモなどの野菜を届けてくれたことへのお礼と、採りたてトウモロコシやトマトが欲しくて鉢巻道路沿いまで運転してみるが、マニュアルの軽トラのクラッチを踏み込む動作に問題はない。冷たいお茶を貰い暫く話し込む。ヒデも膝が悪いので「早く手術しろ!」と急かす?
その後、町まで下り親方の家へ。こちらも入院中に野菜を届けてくれたお礼がてら。「エッ、もう出歩いて大丈夫?」に「オートマなら大丈夫と思っていたが、マニュアルが運転出来るかなと思って」。
さて帰ろうかと思ったが、病室から見る八ヶ岳よりずっと大きく見える八ヶ岳に惹かれて山に向かって真っ直ぐな道を走りヨシユキ宅へ。ヨシユキさんの写真に手を合わせてからシゲコさんと暫くぶりに話す。

帰り道、雷雨に遭う。ワイパーを急にしても前が見えない程の雨だったが、気分はいい。
約1ヶ月ぶりの一人での外出だったが随分と気分が晴れる。「動ける」ことに感謝。

左足はまだ腫れが引かず、また赤くて硬くなっている。骨頭にわざと傷を沢山作ったために出血が多かったし、血をサラサラにする薬を飲んでいたせいとの主治医の説明だが・・・
ま、そのうちには腫れも引くだろうと考えるしかない。
ただ腫れがあるうちは加圧ストッキングを履いていた方が良かろうとのことで、なんとか少年合唱団のような白いハイソックスが何とも鬱陶しいのだが。

なんとか少年合唱団?まだ腫れている。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個