シワス

『お犬様』も無事完成し、昨日は宅急便にて送った作品に「大層気に入った。こんなに安くていいんですか!」とのお電話をいただき一安心。いえいえ、では次回からもう少し値上げしますから?・・・

昨夜、23時過ぎ、カミサンはゴソゴソと外へ行く。なんでもナントカ流星雲とかが見えるとのことらしい。ワタクシは全く興味もなく、ましてやマイナス何度とかの野外にやっと温まったベッドから抜け出すなんて!
流れ星を山程見たのは高校生の頃であったか。冬だったか春だったか、谷川岳の山岳部の山小舎『虹芝寮』の屋根に布団を担ぎ上げ、寝転がって見たことがある。それこそビュン・ビュンとあちこちから流れ星が飛び交い、そりゃ凄かった。正に天変地異であった。
またもう20年近く前の今頃であったか、京都の藍染作家の福本潮子さんがやはりナントカ流星雲を見たいと訪ねていらして、寝袋やブルー・シートを持って牧草地に寝転がって見たことがあったが、今世紀最大との触れ込みの割には大したこともなかったように覚えている。

今朝は8時半でマイナス9℃。明け方はもう少し下がっただろう。寒い!

朝食後、除雪機の整備。キャブあたりから若干ガソリン漏れを見つける。う〜ん、ちょっとマズイ!漏れ出しているのが何処か確定できない。キャブの中でオーバーフローしているのなら清掃で済みそうなのだが・・・一度綺麗に拭き取り様子を見ることにする。
次は床暖。床暖は元オヤジの部屋と風呂・トイレが一系統と、リビングに一系統と2台のボイラーを使っているのだが、リビングの方のボイラーのリモコンを点火しても暫くすると燃焼中の表示が赤ではなく黄色になってしまう。何度か点火を繰り返しているうちに治る。多分ボイラーの中に残っていた灯油や、ホームタンクからの銅パイプの中などに残っている古い灯油のせいなのだろう、ということにする。

キリギリスは冬本番にならなければ冬準備に取り掛からないので毎年寒くなってからオオアワテである。勿論まだ夏にもらって来た3寸や4寸角の端材をストーブに入る長さには切っておらず、目星をつけておいた倒木も切っていないのである。当然、煙突掃除もまだである。

もう12月10日。シワスである。

今週は冬準備である。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

やっと・・・

本日は128年ぶりとかの12月の最高気温。ストーブもつけずに仕事。

タレ目のミニチュア・ダックスフンドがほぼ終わる。額縁入りで額縁寸法が20X28cmという小さなサイズ。
後は目に顔料を塗って焼き付け(写真は感じを調べるために白マジックで書いてある)たあと、半田付けでお終い。

明日は久しぶりに窯を炊かねばならないが、やっと目処がついた。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

お犬様

またまたお犬様である。例の垂れ目のお犬様である。

それもB5より小さいサイズのを頼まれている。いくらお犬様がミニチュア・ダックスフンドでもこれはちとキツイ。キツイのであるが、ちょっとやってみたい気もする。ちゃんと数えてはいないが70ピース以上になりそうである。
ダイアモンド・リング・ソーとルーター活用で、右手人差し指の指紋は消え、スマホの指紋認証は使えなくなる。

これだけ細かく凸凹があるとテープ巻きも難儀なことになりそうである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

シゴト・しごと・仕事

一昨日までキキキリン邸で使ったのと同じランプシェードの注文を幾つか受けて作っていたのであるが、同じ寸法のガラスを何百枚もカットし、ルーターを掛けてと、老人には疲れる作業である。おまけに銅テープ巻きは目が疲れるし、飽きる。昔、個展前に何千枚だかのテープ巻きを前に、この作業をいかに飽きずにやるか色々と試したのであるが、「テレビを見ながらやる」というのが正解であった。手焼きガラスであるから厚さも一定していない2.5〜3.5mm幅位のガラスのコバに5.5mm幅の銅テープの中心を逸らさずに正確に巻くという何ともシンキクサイ作業であるから『内職感』満載の作業である。じっと座って一日中これを続けるのはなかなかにツライ作業なのである。外は気持ち良い秋晴れなんて日には全く不向きな作業なのである。(そういえば結婚当初、これ幸いと一度カミサンに手伝わせたのであるが、ザツい。中心がズレていて、テープを剥がして巻き直すのにずっと苦労したのである。ブキッチョなカミサンで失敗した!)
そこでテレビを見ながらやってみるとこれが結構効率が良いのである。目元はガラス・ピースと銅テープであるが、一旦テープをガラスのコバに一周巻きつけてしまえば、後は指の腹や爪がかってにテープを折り返し、折り返したテープを爪先で圧着するまではテレビを見ていられるのである。この方が手先ばかり見つめているより目が疲れないし、飽きないのである。
そこでリビングのソファーでテープ巻き。録画してあった大好きな早坂暁の「夢千代日記」を見るが、キリンさんが出ていて・・・次にやはり大好きな向田邦子の「寺内貫太郎一家」を見るがやはりキリンさんが出ていて「たまにはちっとマジメに仕事しなさい!」とハッパを掛けられた気分であったのである。
テープ巻きが終われば半田付けである。フラックスに含まれる塩化亜鉛で一昨年は急性アレルギーとなったので、後ろからゆっくり回した扇風機、前に吸煙機、マスクをして部屋の換気扇を回してと準備万端で組み上げるのであるが、ストーブをつけていても指先が扇風機の風に冷たいのである。じゃあと軍手をはめて・・・

暫くまた照明器具はご遠慮していただきたく・・・キリンさんゴメン。

で、一昨日は注文を受けた最後のランプシェードの発送も終え、昨日は1ヶ月ぶりにやっとちょっとノンビリしたのであった。ヤレヤレ。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

仕事・しごと・シゴト

真面目に仕事の日々。樹木希林さんの家に作った照明器具がTVに映る機会が増えたことから、同じ照明器具の注文を幾つか受けたのであるが、何せ25〜26年ぶりの照明器具作りに奮闘の日々。30〜40歳手前まで位はよく作ったのであるが、今思えばよくもこんなに立体を作ったものである。数日で作っていたものが、今や1週間も10日も掛かる。コツを忘れている。おまけに半田付けに使うフラックスで急性副鼻腔炎アレルギーを一昨年患ってからはペースト状のフラックスに変えていたのだが、立体を組むにはペーストでは半田の流れが悪くて仕事にならない。そこで小さな扇風機を手前に置き、作品を挟んで裏側には吸煙機を配置、部屋の換気扇を回し、液体状のフラックスを水で薄め、マスクをしての重装備。その上、照明器具の1ピースにブルーのガラスを入れ、そこにクライアントのイニシャルを入れるにはサンドブラストではちょっと強すぎるので、フッ化水素を使わねばならないのであるが、これは劇薬物。こんなの吸ったらワタクシの鼻はアウトであろうと、1フッカ2水素アンモニウムとかいうものが入ったエッチングクリームを材料やから取り寄せてのエッチング。深すぎずに電球の光が当たればイニシャルが浮き上がる程度に何回もエッチングを繰り返す。
で、やっと昨日ドーム型と立錐型の二つ完成。
配線をしようとシーリング・ソケットを探したのだが在庫が無い。昔、50個入りを買っておいたのに・・・照明器具、それもペンダント・ライトでしか使わないシーリング・ソケットである。エッ、ワタクシ50個も作ったのか!それにしちゃ儲かってないゾ!
で、富士見のホームセンターに走ったのだが、売り切れ。電気屋でも売り切れ!仕方ない、茅野のホームセンターまで車で行ってやっと確保。

というような生活をしているのであるが、この仕事はずっと作業台の前に立ちっぱなし。腰も膝も痛くなる。で、夕方は散歩に出るようにしているのだが、もう秋も終盤。入笠山に陽が沈むと途端に寒くなる。

歳とった!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個