あぁ〜田舎暮らし

今冬2回目の燻製ベーコン作り。酒の肴用であるからフライパンで焼かずに食べられるように最初少々高温で燻す。チーズや自家製タクアンも燻す。
先日作ったやはり今冬2回目のあん肝と共に酒の肴となる。と、これはベランダでガンガン燻煙を出しても文句の来ない田舎暮らしの良いところ?

悪いところは。
先日、郵便局から送金しようと思って役場のATMに通帳を入れるが「この通帳は使えない」との表示。うんにゃ!である。仕方ないので下って本局に行ってやはりATMに入れるが使えないとの表示。窓口に行くと同じ常会の人が座っているのが見えたので、彼女を避けて知らない窓口の人に言うと手元の機械に入れて「使える筈です」とのこと。「何回やっても使えないと出る」と言うと「じゃ一緒に」とATMへ。一緒に来ていたカミサンがちょうど引き出しているところで、少々待っている間にその局員はワタクシの通帳をペラペラめくって見ている。うんにゃ!勝手に人の通帳見るな!表紙と裏表紙だけでいいじゃろ!
カミサンが終わって局員がATMにワタクシの通帳を入れて送金ボタンを押すと使えませんの表示。「おかしいなぁ〜」とまた窓口に戻る。暫く他の局員も集まって色々やっている。そのうち「分かりました。今度は大丈夫!」と局員とATMへ。送金ボタンを押したら今度は無事使えそう。局員いわく「この通帳を支局で新しくした時に局員が暗証番号データを入れ忘れたんでしょ!」とのこと。で、同じ富士見町の郵便局なのに一言も「済みませんでした」もなしに後ろにいたカミサンに向かって「同級生だった⚪︎⚪︎君のオカーサンですよね。⚪︎⚪︎君元気にやってるぅ〜?一昨日娘の⚪︎⚪︎が結婚したんですよ〜」。????コイツ馬鹿か!人の通帳を散々見た後に郵便局の失態を誤りもせずに『ワタシャ アンタヲ シッテマス』である。オイオイ、オクズミなんて苗字は富士見町には他におらんから『⚪︎⚪︎君の親』と分かるのは仕方ないけれど、こういう場合知らんぷりするのが礼儀じゃないの?
カミサンとこれじゃ我が家の経済も筒抜けと話す。
翌日、隣のフミアキ君の奥さんのリエさんが集落組合費を届けに来た時「⚪︎⚪︎の娘の⚪︎⚪︎が結婚したのよ」と言う。「その⚪︎⚪︎って奴、とんでもない奴じゃ!先日郵便局でコレコレシカジカで・・・」と話したら「そりゃ大変。⚪︎⚪︎さんは今本局かぁ〜。あの人の奥さんはスピーカーだから町中の人にオクズミ家の経済が伝わったわ!」とのこと。う〜む!幸いこの通帳は保険の支払いや振込のみに使っているが・・・「この辺の金融機関には気をつけなきゃ。⚪︎⚪︎銀行の窓口には常会の⚪︎⚪︎さんの奥さんがいるし、村の郵便支局には常会の⚪︎⚪︎さんがいるし・・・うちの娘はまだ何処の支店かは決まっていないけれど信金に就職決まったし!」「じゃ残るは農協かぁ」「ダメ!今、うちのオトーサンは金融じゃないけど・・・」。「う〜ん!これからはもっと離れた銀行や郵便局に行かなきゃ」「そうねぇ〜、でもこの間茅野の郵便局に行ったら普段は村の支局にいる常会の⚪︎⚪︎さんがいてびっくりした」とのこと。

あ〜あ!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

ゲーム脳?

カミサンもやっと昨年スマホにしたのであるが、ナニ、使い途はメールと通話のみである。何回教えても使いこなすにはほど遠いのである。ま、こんなことを書くと「アンタのカミサン馬鹿なんじゃないの?」と思われそうなので一言添えると、便利・便利とさも使いこなしている風の人から3メガもある写真が送られてきたり、CCとBCCの使い方をメチャクチャにしている人もいるのであるが・・・
で、何を書きたいかというとスマホという武器を持ったカミサンが何に使っているかというと、それがチェスなのである。それも年中やっている。「ゲーム脳になるゾ!」と言ってもやっている。バカめ!

ところが先日「フ」としたことからワタクシのタブレットに将棋を入れてみたら、これに嵌まってしまったのである。

       もう直ぐ勝てる!

元々、将棋というのは小・中・高・大と全く知らずに過ごし(麻雀も全く知らない)、30前後を毎冬一ヶ月白馬のカマのヒュッテの居候として過ごすようになってから教えられたのである。今思えばカマも相当な初心者であり、時々はワタクシでも勝つようになったのである。カマ云く「さすが数学者のムスコ!」とおだてるものだからすっかりその気になっていたのであるが、結婚後カミサンとやったらものの数分で負けた。カミサンの将棋というのは先ず守りを固めるというセコイ戦法なので、全く守備なんて考えずに「突っ込め!突っ込め!」の乃木大将ばりの攻撃しか知らないワタクシはあえなく玉砕するのである。悔しいからそれ以来将棋はやってこなかったのであるが、タブレットの将棋はランクが3段階あり、おまけに「待った!」が使えるので、結構というか中クラスでも8〜9割方勝てるようになったのである。ワタクシも少々の進化を遂げ、先ず王の周りを金銀で囲む程度はしてから、飛車のみでガンガンと乃木大将ばりの攻撃を仕掛け、取れるものはどこにある歩であろうが全て手中に収めるという戦法である。であるから時として敵の術中に嵌り、角やら桂馬といった斜め前にしか進めないとか、二歩進んで一歩横になんてセコい卑怯者にしてやられ、ワタクシの唯一の攻撃駒である飛車を取られる場合もあるのであるが、そこは、それ、「待った!」である。

ま、AIなんてものが入っていないのでワタクシにはちょうど良いのであるが・・・
次は最高位のクラスに「待った!」付きで遊んでもらおう・・・

ワタクシもゲーム脳?

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

修理完了

昨年末以来、30数年前に作ったフロアー・スタンドの修理をやっていた。円筒形の単純な形のシェードにPチャンが作った鍛鉄のゴツい脚が付くのであるが、このステンドのシェードの修理が大変であった。全てバラし、ガラスを磨き、破損したガラスを取り替え、新しい鉛レールで組み直したのであるが、当時はルーターも持っていなかったのでどうしてもカットしたガラスの幅にほんの僅かなバラツキがあるのである。また鉛レールのハートの厚みや硬度が昔の物とは違い、直径30cmと29cm程の鉄の輪っかの間にドンピシャで収めるのは思ったより厄介であった。(当時はガラスの円筒に合わせて鉄の輪っかを作ってもらった)
そんなわけで時間が思いの外かかってしまったが、最終的にはドンピシャで収まり、胸をなでおろしたのである。
後は鉄部の再塗装や電気コードの交換、コードが真っ直ぐになるようにゴム・ブッシュを使っての細工などを行ったのであるが、修理が終わってみれば結構キレイな影が出るのである。それにしても鉄脚を含め(鉄脚を作ったPチャンはとっくの昔に鍛鉄工芸を辞めてしまったのだが)こんなに面倒臭い作品をよくも作ったものだと今更ながらに、若いって凄いと感心したのであった。

さて次の仕事であるが、それがまた泡ガラスのランプシェードなのである。昨年は3個も作り、もう当分カンベンと思っていたのだが、また注文が来てしまったのである。樹木希林さんの影響というかテレビの影響というのか・・・? ま、寒いアトリエに閉じこもっているより、暖かいリビングでテレビを見ながらシコシコと銅のテープ巻きをやっている方が楽という思いもあり、ついつい引き受けてしまったのであるが・・・

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

もう1週間

正月かと思ったらもう1週間経ってしまった。
正月三が日は元旦早朝にムスメが帰省。一応喪中ということでお節料理は重箱には詰めずに簡素にということであったが、雑煮に数の子、黒豆に昆布巻き、蒲鉾、伊達巻、ローストビーフ等々と・・・。
餅を食っては腹がくちくなり、元旦からウォーキング。後は3人でナインブリッジ大会。
3日夕方にムスメは鈍行で帰京。

4日は急に水漏れし出した2階のシャワレット交換。5日からカミサンの幼稚園以来の友人夫婦が来るのでそれまでに直すようにとのカミサンのメイレイである。
正月では注文しても当分届かないであろうと思っていたが、AMAZONで元旦に注文したら3日午後には届いた。AMAZONや届けてくれたクロネコに感謝というか・・・ゴクロウサン
我が家のトイレは1階は車椅子でも楽に回転出来るようにと2畳あるが、2階は1畳しかない。従ってシャワレット本体の交換は30分も掛からなかったが凍結防止ヒーターや保温材を巻きつけるのに狭くて難儀。

5日昼前にミノ夫婦来宅。ミノは日本語学校のセンセ。旦那のミズノ氏はイラストレーター。昼食はフランスパンの中身をくり抜いた中にクリーム・チーズを詰め込んだカミサンの定番料理にワイン。夕食は鳥の香草焼きに日本酒。

6日はどんど焼き作り。8時集合だが、ナニ例年は9時近くになって漸く全員集合と9時半に行ったらお茶の時間。30分お茶をご馳走になり、それなりに働いた格好をつけて、11時過ぎにフミアキ君とそっと抜け出す。ミズノ氏は二日酔いで沈没していた様子。

午後は『お飾り』といって組(幾つかの常会の集合体)の総会。集落や町などに出す要望(ドコソコに街灯やカーブ・ミラーを付けろとか側溝に蓋をしろとか・・・)を取りまとめた後は懇親会。刺身に天ぷら、巻きずし等にビール・焼酎・日本酒。このお飾りという会議・懇親会は出不足となっているから出席しないと罰金が科せられる。飲み会となって、ビールでガバガバとなり、1時間半ほどしてフミアキ君とそっと逃げ出す。
こういう集落の飲み会、「有るを尽くして」とかに乗って飲み続けると最後にはお茶番(宴会の準備係。テーブル設置や料理、酒の燗付けや食器洗い、掃除など)が居なくなっていて、酔った体で洗い物や掃除することになるので要注意なのである。

昨7日午後には東京深川の雲光院の服部住職来宅。住職とは雲光院の建て直し時に本堂天井や談話室に大きなステンドグラスを使ってもらって以来であるからもう30年近くである。お互いの近況報告やら近頃の世相について。笑ったというかちょっと背筋が寒くなるような話を聞いた。東京郊外の寺の周りというのは元々農家などであったが、最近では住宅地帯となってきていて、除夜の鐘がウルサイと苦情が来たり、線香の匂いが臭いと苦情が来たりするとのこと。バカ共が!ついでに書いておくが、この話の発端はコンビニの外の灰皿撤去からである。ちなみに住職も愛煙家である。全くバカ共めが!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

本年もよろしくお願いいたします

快晴の元旦。

ムスメは始発に乗り8時半頃に帰ってくる。
ムスコは昨日病院で処方されたインフルエンザA型の吸引薬により大分熱も下がった様子で一人寝正月。「近所で開いているのは『セブンイレブン』と『すき家』と『かつや』だけ」とのこと。ハハハ!ま、早く治して下さい。

 

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個