ちょっと松本で一杯

27日。今日から10連休とのこと。自由業だか不自由業のワタクシには関係ない。いつものウォーキング・コースの水芭蕉が今年は増えていた。家の直ぐ裏のニリンソウも満開。

28日。朝起きてきてコーヒーを飲んでいたら8時前に東京の友人のドクトル・イタバシから電話。「なんでも軽井沢に昨夜から兄上と来ているのだが、急用で兄上が夜中にTAXIで東京に戻ってしまった。ついては今夜は松本にホテルも取ってあるから飲みに行きませんか」とのこと。ドクトル・イタバシはもう30数年来の友人。彼の幾つかあるクリニックやデイ・ケア施設にワタクシの作品を入れてくれている人でもある。
2時半頃まるで軍用車のようなfjランクルで迎えに来てくれる。ちょっとお茶を飲んでから出発。
彼は10年ほど前に知り合いの医者が自らの罪を逃れる為についた嘘によって逮捕・起訴され、刑事では無罪を勝ち取ったのであるが、その後国家賠償を求めて行った民事では敗訴。ところが最近になって相手側医師が偽証したことを裏付ける確たる証拠を苦労の末に見つけ出し、第3ラウンドが始まったところ。

高速も松本も下道も空いていて1時間少々で松本のホテル到着。
連休中の日曜日とあって飲み屋やバーは閉まっているところが多い。ホテルで教えてもらった「なわて」沿いの料理屋に行く。馬刺しがなかなか良い肉で各々3皿づつに山菜や岩魚、鰻などを焼酎や日本酒で片付ける。その後に入ったバーは混んでいる。ビールを1杯づつ飲んでからもう一軒寄るがこちらは満席。仕方ない、今夜は帰るかとホテルに戻る。

29日。早く寝たので老人は4時前に目覚める。本を読みながら5時まで待ち、音を立てないように風呂に湯を貯め、1時間ほど湯に浸かる。7時に最上階のビュッフェで待ち合わせし、朝食をゆっくり摂る。北アルプスがよく見える。右端には鹿島槍も。
8時過ぎに出て我が家まで送ってもらうが道はどこも空いていた。

雨は降らないが寒い。薪ストーブを焚く。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

久しぶりに東の都へ

23日。久しぶりに東の都へ。こちらもやけに生暖かい。東の都はきっと暑いだろうと半袖で出る。車はFitで行くが燃費はやはり良い。昼過ぎに高円寺の駐車場に着く。暑い。夕方ムスコがバイトから帰って来たので一緒にいつもの銭湯に行く。途中根性のある街路樹を見つける。都会で生きるのは人間でも植物でも大変である。18時半に吉祥寺でクマサキ君と予約しておいてくれた中華料理屋で会う。クマサキ君は山岳部の10年後輩。OB会の幹事長をやってくれている。最近はOB会にも行っていないので誰彼の消息などを教えてもらう。その後24〜25歳の頃から行きつけだったスナック『もずの木』に寄る。今は娘さんが主体となってママさんが手伝っている様子。ちょっと病気したママさんも思ったより元気そう。
21時半頃にムスコの部屋に戻り爆睡。

24日。朝7時少し前に出て、阿佐ヶ谷にてムスメと数日前から都に来ているカミサンを拾って先ずは九十九里浜を目指す。首都高は連休直前のトラックで混雑している。首都高を抜けてやれやれと思っていたら千葉周辺で断続的に渋滞に遭い、九十九里浜には9時半過ぎに着く。途中で京都のギャラリー・田澤さんの奥様が亡くなられたと、藍染作家のフクモトさんからの電話で知る。急に心臓でとのこと。平成が終わる。

天気は曇り。海を見るのは久しぶり。九十九里浜は初めてだったのでちょっと天気が残念。浜辺でムスメとカミサンが貝殻拾い。その後片貝漁港に行き海の駅で買い物と昼食。バンクシーの絵を探す時間は無し。
13時に東金市のDADAさんこと故イシノさんのお宅へ。昨年11月に急逝してしまったDADAさんとは27〜28年前からの付き合い。原村で紅茶専門喫茶店をご夫婦でやっていて、ワタクシの気晴らし場所であった。一緒にフライ・フィッシングをやったり、家族ぐるみで旅行したりして、我が家の子供達も可愛がってもらっていたのであるが、義母が亡くなった直後であり色々あって告別式に伺えなかったままであった。
奥様のマサヨさんが泣きながら出迎えてくれる。お骨となってしまったDADAさんにお線香をあげさせてもらうが、遺影がコック服を着て椅子の上で正座しながら笑っている写真に思わずニンマリしてしまう。まさにDADAさんなのである。いい写真である。マサヨさんが一番最近撮った写真とのことであったが、いい写真である。彼の人柄が滲みでているような・・・
2時間ほど想い出話しをするがどんな話しをしてもマサヨさんの涙を誘ってしまう。

17時前に高円寺に戻り、居酒屋にて4月生まれのムスメとワタクシの誕生祝い。

カミサン・ムスメと別れてムスコとまたまた銭湯へ。都では銭湯と飲み屋が何より。帰りに小腹が空き、立ち蕎麦屋で蕎麦を食べてから爆睡。

25日。7時過ぎに阿佐ヶ谷のムスメの部屋に泊まっているカミサンを拾って川崎の義姉宅へ向かう。連休前のゴトウビとあって混んでいる。義母の形見分けとして貸してあったフロアー・スタンドとムスメと初めて共作したパネルを貰ってくる。
帰りに多磨霊園に寄りオヤジ・オフクロの墓参り。

ヘロヘロになって帰って来る。運転嫌いなワタクシにとっては連日の運転という過酷な3日間であった。帰って直ぐに日帰り温泉で疲れを癒す。

夜は寒くストーブをつける。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

晴れたり寒かったり

晴れれば暖かいのだが、ここのところ晴れたり曇ったりしていて朝晩は結構寒い。

13日。ミドさんから電話。「今日は香港から友人が来ていて香港の家庭料理を作ってくれる。夕食にいらして下さい」とのことでカミサンとお呼ばれする。ハシさんも来て賑やかな夕食。香港からいらしたイバさんの作る料理はどれも本格的中華でありながらとても優しい味。ササッと作っては次々にテーブルに並べてくれる。美味しい・美味しいとワインと共についつい食べ過ぎ、飲み過ぎ。

どうもあちこち不調である。
右手親指の付け根の痛み、右膝の痛み、目の疲れ、耳鳴り・・・
午後になると目が霞んでくるので、3時ころから1時間程ウォーキングしながら遠くを見るようにする。梅がやっと満開。

町議会議員選挙が始まった。11名の定員に対して12名が立候補。選挙公報が来たが数名を除き「何を訴えたいのか?何をしたいのか?」殆ど分からない。まあ争点となる問題もそうはないのだが、それにしても余りにも抽象的なことしか書いていない。経歴も年齢も書いていない候補者も多く
これでは選びようもない。血縁選挙!
中には「この人大丈夫なの?」と思わざるを得ないような人もいる。役場の課長の◯◯が「議会質問でも何言いたいのかまるでわからん人が結構いて、その人の質問に答えるのが苦痛」と言っていたが、町長も役場職員もその点ではゴクロウサンである。

これで当選したら毎月20万以上の手当かぁ〜・・・ま、我が家の家訓は『政治家と軍人になるべからず』であるから興味ないのだが・・・

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

寒くて・・・

誕生祝祭降雪の除雪出役の放送は一昨日の夕方も昨日早朝も放送はなく、融けるに任せることとなりホッとする。
でも寒くて庭の雪は結構残ったまま。

昨日はAMAZONで買ったドライブレコーダーを前後に取り付ける。なにせカミサンはもう3回(信号待ちで2回、走行中に横から1回)も追突されているのでリアカメラも必要なのである。
電源はヒューズBOXから取り、配線は内装の裏側に押し込んで見えないようにする。少し走らせてみたがバッチリである。日本製にするか中国製にするか悩んだのだが、日本製の物でも結構問題があるようで、それならとAMAZONで評判の良い中国製の1万円程度の物にした。今後の耐久性はともかくこの値段でと思える写り。

夕方、ピンポンに玄関に出たらミドさんが立っている。「一日遅れのおめでとう!」とワインとハスプブルゲ家の可愛らしいチョコレートの詰め合わせを頂く。しまった、忘れていたが本日11日はミドさんの誕生日であった。「ゴメンナサイ!忘れていた!なにせ、昨日は自分の誕生日も忘れていて、ムスメからのメールで知ったくらいで・・・」。「夕食を一緒に」と誘ったのであるが、ミドさん香港とアメリカからのお客さんを別荘に置いてわざわざ届けに来てくれた由。申し訳ない!

その10分後にまたピンポン。今度はフミアキくん・タカシくんが町会議員選に出馬するセンイチくんを連れての挨拶回り。センイチくんは明るい好青年。

本日12日は朝から曇ったり雪がチラついたり。午後、ミドさんへのプレゼントを探しに諏訪の街に下りるが大した物は売っていない。ミドさんは今日から友人を連れて白馬に行っているかもしれず、日保ちのする菓子を購入。帰りにこの天気だからひょっとして白馬に行っていない可能性もあるので寄ってみるが、やはり行った様子。明日こちらに寄ってから東京ならその時に渡すし、あるいは直帰なら送ることにする。

それにしても寒い!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

さすがワタクシの誕生日である!

未明から降り始めた雪は08時現在10cm少々でまだ降り続けている。それにしても4月も、もう10日である。もう少し降り続ければ、降らなかった今冬というか今春というか、一番の積雪となりそうである。

やはり4月10日、さすがにワタクシの誕生日だけのことはあるが、17時からの雪かき出払いなんてことにならぬよう願う。

10時半。スマホから警報音。今朝から出ていた『大雪注意報』が『大雪警報』に引き上げられたとのこと。また『着雪注意報』も発令中。昨秋の台風で弱った根っこの木が春の重い雪で倒れると電線を切ってしまい、またぞろ停電の恐れがあるので要注意である。それにハウス農家にとってはこの重い雪はそれこそ大敵である。

先日の側溝の泥上げと、それに続く懇親会で畳に座っていたせいか腰をちょっと捻ると痛みがあるので雪かき出払いが不安。こんな重い雪では除雪機では飛ばないし・・・

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個