漁協

一昨日の停電は朝7時半頃から始まり、通電が開始されたのは14時半頃であった。昼間で良かった。冬の夜間であったらこの辺でも増え始めているオール電化の家では大変なことになっていただろう。

一昨日夕方からは漁協理事会。来年度予算案が討議されたのだが、漁協の付帯事業としてやっている釣り堀の赤字化が問題となる。釜無川漁協ではニジマスの稚魚を11月頃に業者から購入。これを釣り堀から10Kmほど離れた湧き水のある養魚池で育て、5月のGWあたりから釣り堀に運んで釣らせる事業をやっているのであるが、稚魚を育てるには朝晩の餌やり、ゴミの除去、大きさの選別、草刈り、病気への対処、釣り堀への運搬(GWやお盆には多い時には連日のように運ぶ)等々大変な労力を必要とする。また釣り堀の管理人、沢から釣り堀への水路の見回りも欠かせない。こうすることで臭みのない、他の釣り堀では味わえないような美味しいニジマスを提供しているのであるが、なんせ人件費がかかる。おまけに魚に病気が出たりすれば毎日のように数百匹からの稚魚が死んでしまったり、雨が降れば釣り堀の客が来ないのであるから、なかなかに難しい事業でもある。おまけに漁協全体を見れば、川の釣り人も激減してきている現状にどのように対処するかも考えねばならない。

そんな難しい問題を抱えているのであるが、ワタクシ自身、体のこともあるし、体力・気力も落ちてきて漁協の理事を辞めさせてもらうことにし、昨日それを伝えたのである。36歳の頃、当時の組合長であった親方(イデさん)に誘われて漁協組合員となったのであるが、翌年には理事に推され、それ以来30年近く理事や専務理事をやってきたのであるが、さすがに疲れたといったところである。この漁協の問題点はどこの内水面漁協も直面している組合員の高齢化がある。若い釣り人が減り、また漁業協同組合に加入しなくなってきているのである。若い人が釣り以外の多様な趣味を持つことによって、組合員になりたがらないこと、「川を守る」という意識を持たずに、時々釣りをしたければその時に巡視員から日釣り券を買えばいいという意識に変わってきたことなどが挙げられ、従って漁協自体が高齢者団体となり、理事も高齢者ばかりとなってしまっている。ワタクシは30年近く理事をやってきたが、理事10名中、最初から最後まで一番年下だったのである。
どうにも困ったことである・・・

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

停電

今朝起きたら夜の間にまた10cm程度の積雪で、まだ降り続いている。5時半の有線放送を待つが何も言わないので出払いは無い様子。庭の雪掻きを始めようとしていたら雨が降り出したので朝食にする。昨日からカミサンが上京しているので一人の時の定番朝食のホットサンド。
今日夕方にある漁協理事会への提言が書き終わっていなかったので7時頃からパソコンで作業していたら7時半頃に「バチッ」というような音と共に停電。中部電力に電話するも「ただ今電話が混雑していて云々」のアナウンス。どうやらこの停電は我が家だけじゃなさそうである。タカシ君に電話してみたら「この周辺1800軒程が停電らしい」とのこと。「テレビはしょうがないとしてストーブも使えなくて寒い」とのこと。
ストーブは薪ストーブがあるのでその点は心配ないのだが、灯油ボイラーは電気を使っているのでダメ。家の電話もダメ。スマホで中部電力の停電情報にアクセスするが、原因は調査中と出るのみ。
ま、ガスは使えるので昼飯はちゃんと生麺を茹でて餡かけラーメンを作ったのはいいが、油まみれのフライパンを洗おうにもボイラーが駄目なのでお湯で洗えずに失敗。うぅむ、文明生活というのもなかなかに不便である。
停電が始まってからもう6時間。残り少ない薪の倹約がてら理事会まで昼寝でもするか。

それにして27日の証人喚問の日は停電するなよ!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

劣化や犬以下どころじゃないよ!

昨日は仕事しなけりゃいいかんのだが、参院予算委員会の中継をついつい。公文書改ざん問題に関する集中審議だが、最初の質問に立ったのがネトウヨのアオヤマせんせ。オオタ現理財局長の答弁にどう見ても自爆。ここまでは予想通り。
続く広報副部長のワダせんせ。このせんせ、もうサイコー。オオタ現理財局長に対して「まさかとは思いますけども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?」に、さすがのオオタ現理財局長も「幾ら何でも」と感情を露わに抗議する。こなこと言ったら各省の全ての官僚を敵にまわしたようなもの。
もう面白くて面白くてついつい見続けてしまう。
この質問に続いてアベの「私や妻が関係していたなら直ぐに首相も国会議員も辞めるのとの決意の言葉は、これぞ政治家の鑑」みたいなことを宣ったのである。ギャハハである。
それにしてもいくらなんでも自民のこの人選、「何で!」である。わたしゃ反自民だが「何で?幾ら何でもそりゃないよな!」である。どんだけ票を減らす気?アベやアソーもさすがに首でも絞めてやりたかったのではあるまいか?

こういうのって「贔屓の引き倒し」と言うよりはむしろ「ホメゴロシ」。このワダせんせ、どうせアベ・チルドレンだと思うが、ひょっとすると今はやりのミウラルリの宣う『スリーパー・セル』だったりして。

久しぶりにテレビって面白かった。

それにしても政治家の劣化どころじゃなく、「犬以下」と言ったら犬に怒られるし、「サメの脳みそ」と言ったらモリ元総理に失礼だし・・・こんなアホが広報担当じゃなぁ〜。

散々笑った後はゾッとする。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

都へ

14日、東の都へ上る。コットン・セーターを着て行ったのだが暑い。新宿で昼食をとった後、王子に行き、イタリア料理店の窓の採寸やオーナーとのデザインに関する打ち合わせ。夕方、高円寺へ行き、ムスコ、ムスメと合流。先ずは銭湯。ほとんど売り切れていたが、豆腐屋の軒先で「納豆」の自動販売機発見。地方の納豆もある。さすがに都である。その後高円寺のイタ飯屋にて様々注文して飲みかつ食す。店の窓の前の電柱がすごいことになっている。東南アジアである。
15日。今日も暑い。昼前に錦糸町。錦糸町にはほとんど馴染みがないので駅周辺をプラプラと散歩。この街はどこからでもスカイツリーが見えるが登ろうとは思わない。「君子危うきに近寄らず」じゃないが?岩登りはやっても高層建築物から下を眺めるなんて悪趣味は持ち合わせていない。ましてやアベノハルカスの屋上足場からロープを付けて下を見下ろすなんて奴は、ワタクシに言わせれば「極辛じゃないと美味しくない」という味覚感覚異常者と同様である。
13時に『谷澤動物病院』に行くもまだ患動物が沢山。しばらく待ってやっと院長のタニザワくんと会う。午前中最後の患動物の包帯に「あの柴犬、どしたの?」と聞いたら「膝関節の脱臼で手術した」とのこと。「えっ、4本足の犬が脱臼すんの!」「最近多くて。純粋種なんてのは弱くて病気ばっかり。雑種がどんどん減っているのも問題」とのこと。ステンドは1mX1mほどの窓に「巨大なブルドッグか何かの犬の顔を入れたい」との提案にOKをもらう。
また歩いてブラブラと錦糸町駅に戻り昼食。高速バスの中で読み終わってしまったので帰りの車中を考えBOOK OFFにて文庫購入。吉祥寺にちょっと用があったのだが都会のアスファルトの上を革靴で7.5Km、13,178歩も歩いたので膝が痛いし、疲れてキャンセル。さすがに電車では高齢者の特権とばかり普通座席に座る。高円寺に戻ったら直ぐにムスコも帰って来たので二人で銭湯。帰りに部屋から30mの中華料理屋にでまずはビール。諸々頼んで飲み食う。都の便利なところはそこらじゅうに飲食店があること。田舎ではどこに行くにも車だから飲めない。それに部屋からやはり30mでコンビニ。ムスコのところに行くとついつい1日に3〜4杯のコンビニ・コーヒーとなる。

16日。帰りの高速バスはカミサンのバス停への迎えが17時じゃないと無理とのことで14時過ぎ新宿発。ムスコをバイトに送り出してから二度寝したいのだが老人は朝が早いのである。7時過ぎに「かつ屋」にて「豚汁・納豆定食」を頼む。次々と客が来るが皆さん朝から「ロースカツ朝定食」の人ばかり。う〜む。ワタクシは人一倍、胃と肝臓だけは医者のお墨付きであるが朝からトンカツはちょっとである。コンビニに寄ってコーヒーと朝刊を買って部屋に戻り、隅から隅まで読んで時間をつぶす。11時頃に新宿。カワダさんにでも会おうと電話したらあいにく千葉に向かっている途中とのこと。今季は30日山スキーに行ったとのこと。マッタク!久しぶりに新宿駅周辺を歩き回るが随分と変わってしまっている。昼食をはさみ「ビックロ」と「東急ハンズ」を見てまわる。気になったのは『ちょっとおかしな人々』の多さ。電車もそうだったけれど喫煙スペース、ビルの踊り場、コインロッカー等々でブツブツと何か分からんことを呟く人たちの多いこと。春先は多いようだが、都の春は『ちょっとおかしな人々』の出現から始まるようである。
17時、くたくたになって高速バスを降りた富士見は寒くて震え上がる。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

阿呆らし!

昨日は快晴。雪も裏庭に残るのみとなり、春が近い。八ヶ岳をみてもどことなく春である。

世の中、公文書の「改ざん」だの「偽証」だのと騒がしい。どう見てもマフィアのボスの風格もないチンピラ・アソーが口をひん曲げて「サガワが」「サガワが」と、まっこと見苦しい。
それにしてもボンボンのアベ・アホ夫婦、大阪のオッチャンやオバチャン相手にケンカを売ったらそりゃ負けるわな。

で、今年ほど気楽に確定申告書を書いたのも初めて。毎年「租税公課」だの「水道光熱費」だの「修繕費」だの「旅費交通費」だの「消耗品費」だのの項目で、この支出はどの項目に入れるのかと悩んだり、仕事以外との按分率で頭を悩ますのであるが、今年はマコトに気楽。例年だと提出期限の3月15日ギリギリに何とか間に合わせるのだが、今年は「マッ、いいかぁ〜」で昨日税務署宛に送ろうと郵便局へ。郵便局には同じ常会のクボタさんの美人奥さんがいる。「まったくやってられないよ!」と言うと「皆さんそう言いいながら持ってくるの。それに例年なら15日ギリギリに持ってくるのに、今年は皆さん早くて」とのこと。そうだよな、皆さんやってられないとテキトーに書いている模様。きっと税収もかなり減るのでは?

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個