ここ数日、激動の日々

7日。棟梁のシノブ君が薪用の切端を2トンロングに2束乗せて持ってきてくれる。ノウコウソク以来、どうも薪を割る気力なし、灯油で凌ごうとしていただけに有り難い。トラックの荷台で、60cmのチェーンソーでストーブに入る長さに切って下ろしてくれる。

6日。午後原村のヨシユキ宅へ。ヨシユキさんは大学の先輩であり、40年来の友人である。ワタクシが富士見町にきて、テント生活をしながら手作りの家を建て始めた頃に夫婦でひょっこり訪ねてきて「俺も来年この辺に手作りの家を建てたい」とのことで、それ以来我が家を手伝ってくれたり、反対に翌年から始まった彼の家作りを手伝ったりした。そして窯を備えて陶芸をやっていた。それ以来車で10分程の距離、年中会っていた。時には夫婦とワタクシと3人でやる「9ブリッジ」で徹夜したり、飲んだり、富山に一緒に旅行に行ったりの仲であった。15年ほど前に肺がんと分かり、こちらの病院では手の施しようがないと言われたヨシユキさんを、ワタクシの高校山岳部時代の友人でがんセンターの部長医師だったアライ君に頼み込んで手術してもらったりした。
その後も食道がんを手術したりと、ここ15年程は自宅でノンビリしていたのだが、夏以降段々と体調が思わしくなくなっていて、先月からは肺に水が溜まるようになり呼吸も苦しくなっていた。先月末には一度入院し、溜まった水を抜いて2週間程で退院。新しく床暖房が入った部屋で療養していた。医者には年内かもしれないと言われ、食事も殆ど摂れないとのことなのでリンゴを持って6日に見舞いがてら、緩和ケアへの入院を勧めようと訪ねたのだが、丁度来訪した訪問看護師からも緩和ケアへの入院を勧められ、救急車を呼ぶ。
救急車を追走して病院へ。憔悴しきった奥様のシゲコさんと救急外来での診察が終わるまで(CTなどを撮る)の間、様々話す。医師からは全身状態が良くなく、肺に膿胸が見られるが今の状態では抜くことが出来ず、抗生剤を入れるが、と告げられる。
入院したヨシユキさんは痰が切れずに苦しそう。「申し訳ないが明日から取り付けに上京しなければならない」と告げると、ウンウンと手を振る。「必ずもう一度家に帰るんだよ!」と別れる。

7日。バスにて上京。ミド邸に昨年納めたステンドの紫色の泡が弾けてしまったので、その部分の泡をルーターにて削る。シゲコさんからは「リンゴの絞り汁を美味しそうに飲んだ」とのメール。夜、ムスメやムスコといつもの上越泉で風呂。3人で焼肉屋。
疲れていて9時前に寝る。

8日。ムスメと落ち合い、新宿でやはりバスで上京してきたカミサンと3人で昼食後、『カガミダイ』を買ってくれた義母のいる日吉の義姉邸へ。『カガミダイ』は梱包して宅急便にて送っておいたのだが、割れずに無事到着していた。これはムスメとワタクシの第一作なので、義母に買っていただき、散逸せずに嬉しく思っている。義母は肌ツヤもよく、元気そう。
夕方、ムスコのライブがある中野へ3人で戻り、蕎麦屋で一杯やる。7時過ぎに中野のライブハウス「スィート・レイン」へ。先輩のカメジマさんが既にいらしていた。今日はピアノをワタクシの大好きな清水くるみさんが弾いて下さる。ベースの伊地知さん、ドラムの村上さんとも初めてとのこと。
8時からのライブは良かった。今まで聴いた中では一番の出来。清水さんがしっかり支えてくれていて、ムスコはノビノビと吹いている。それにしても清水さんのピアノは自由で音色に富み、尚且つスピード感が素晴らしい。ムスコのオリジナル曲『Coffee Winter』も良かったし、特に後半のフリーではやはりオリジナルの『月と狛犬』や『荒城の月』が良かった。伊地知さんのベースや村上さんのドラムも素晴らしく、このカルテットでどんどんやったらと親バカながら感心したら、ライブハウスのご主人からも再演を頼まれたとのこと。成長したものである。

9日。ヨシユキさん、痰が切れるようになったが発熱が続いているとの連絡。午後からムスコ、ムスメと秋葉原から上野へ歩く。秋葉原は小学生の頃にラジオ部品を探し歩いた町であるが、今はオタクの町。土曜日とあって凄い人出。御徒町で昼食後、アメ横をブラブラ。アメ横会館地下で中国食材店を見て歩く。安い。が、帰るのは翌日だしバスなので生鮮食材は買えず。グリーンカレー・ペーストの1Kgを見つけて購入。その後上野公園を散歩。上野美術館前に400〜500mの行列を発見。なんと「怖い絵展」の入場行列。???何で???本当に日本人というのは『展覧会』がお好きなようで・・・ワカラン。最後尾には「只今150分待ち」との看板を持った係員。

17時前、『上野ライオン』でクボタ君と待ち合わせ。
直前にシゲコさんから「今夜がヤマ」との連絡。
クボタ君、1月早々にロボットによる手術、おまけにお犬様のクロを亡くしたばかりなので励ます?飲み会?。4人で飲む。うん!既にクロの「あと犬」を買ったとのこと。ペットロスを癒やすには新しいペットを飼うことしかない?とのことで、重症のペットロスである!手術後2月には我が家に来る約束をして早々に別れる。
ムスコの部屋に帰ってからやはりヨシユキさんの友人であるPチャンに連絡。直ぐに病院へ行くよう頼む。しばらくしてから「意識がかなり薄れていて・・・難しい」とのPチャンからの折り返し連絡。シゲコさんと娘のナオちゃんが付き添っているとのこと。帰りのバスの早朝への変更をするも7時25分のしか取れない。高速バス駐車場に車を置いてあるので電車で帰るわけにもいかず。眠れず。

10日。バスの中で「0時41分永眠」の連絡を受ける。ヨシユキ宅に来てとのことで高速バス駐車場に置いてある車でヨシユキ宅へ。最期は呼吸も楽になりすーっと眠ったように息を引き取ったとのことで眠っているようである。吸えなくなった煙草を供える。
生前、我が家ではオフクロ、オヤジ共に家族葬としたことを話したらヨシユキさんが「そういうのがいいなぁ〜」と言っていたので、葬儀屋と折衝。なるべくシンプルにと。通夜は行わず、家族・親戚・親友のみで13日に納棺を告別とすることにし、火葬場からホテルに移り偲ぶ会をすることとする。

ヨシユキさん、隣に娘さん夫婦と3歳の孫一家が家を現在建築中。10月にはヨシユキさんの運転でシゲコさんと二人で山梨に1泊旅行。手作りの家の方も床暖にして暖かくなり、シゲコさんの今後にも安心してしまったのだろうか。最近急に気力が失われた感じであった。来年の桜を見るまで頑張れと言っていたのだが・・・
今までアリガトウ!

激動の数日であった。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

アホな母娘

昨日はハシさんも来てくれて屋根工事が全て終わる。ノウコウソクの後遺症らしい「屋根の縁を歩くことへの恐怖」は最初の頃よりは少し改善されたようだが、元どおりになるには時間がかかるかもしれない。両側がスッパリ切れた岩綾や岩登りの方がまだマシかもしれない。
友人に言ったら「普通の人は怖いの!それに65にもなって屋根工事を大工と一緒にやっていられるお前の方がおかしいの!」と褒めて?くれた。

隣の白樺に名前の知らぬ蔦の実がなっている。そろそろ山椒の実を採らねば。

話は変わってムスメが帰省していた時の話。朝、起きてきたムスメが「屋根裏部屋に何かいて時々キュッ、キュッと鳴くのでうるさくて眠れなかった」という。「ネズミやヤマネとは思えない鳴き方だし・・・ハクビシンかしら・・・」。で、カミサンが調べにムスメの部屋を見てきて「鳴いている。一緒に見て」「逃げちゃいけないので静かに!」と唇に人差し指を当てて言う。で、3人でそっと2階に上がってムスメの部屋の上にある屋根裏部屋(納戸に使っているロフト)に上がって笑い転げた。ここには薪ストーブの煙突が通っているので火災報知器を取り付けてあるのだが、その電池が切れて45秒毎に「キュッ・キュッ」と通報音を鳴らすのである。ギャハハである。まったく母娘揃いも揃ってである。一晩中45秒置きにキュッ・キュッじゃ眠れなかっただろうが、普通は気付くだろ!アホな母娘である。
但し火災報知器を外してからが困った。9Vの電池の買い置きがなく、直ぐには交換できない。ところが古い9V電池を外しても内臓の水銀電池で電池切れをキュッ・キュッと知らせる仕組み。水銀電池は取り外せないアホな仕組み。町にまで買いに下らねばならない。カミサンが買い物に行く午後までセーターに厳重に包み、使っていない部屋でしばしキュッ・キュッとなり続けていた。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

全てが劣化

我が家の屋根も劣化したのだが、日本社会のというか、日本人も日本企業の劣化もはなはだしい。

日産自動車・富士重工・三菱マテリアル・神戸製鋼etcに続き東レも検査結果改ざん。どうせこれからもどんどん大企業の名前が挙がってくることだろう。

昨日の国会中継を見ていても、居並ぶ大臣はハナクソほじくっているとしか見えず、到底国民のためになんて思っちゃいないのは明々白々である。

日馬富士の暴行事件。『相撲取りの品位だの横綱の品位』だの騒いでいるが、そもそも劣化した日本人に『品位』なんてなくなっているのに、それを力士や、ましてや外国人力士に要求する日本人って!「土俵の下には金が埋まっている」が正解であって、劣化した日本人が『品位・品位』なんて!
ま、殴りすぎではあろうが、先輩、ましてや横綱から説教を受けている最中にスマホいじってりゃワタクシだって引っ叩く。

このまま「戦争を出来る国」にしちまったらと考えると恐ろしい。そういう意味じゃ日本人というのは信用できないと日本人のワタクシも思う。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

屋根修理

大工のハシさんはここ数日お休み。昨日はオヤジが使っていた部屋や風呂など一階の屋根の押さえ縁のねじ止めを一人でやり、これでほぼ修理というか応急処置完了。後は天窓周りの処理と一部終わっていない屋根の縁の押さえ縁処理で、ハシさんと二人で1日あれば終わりそうである。やれやれでした。ま、来年にでも金が出来たら板金せねばならぬのだが・・・ま、しばらくは雨漏りは防げそうである。

それにしてもデカイ屋根である。300mもルーフィングが必要とは思わなかった。2回追加注文して取り寄せたのだが、宅急便屋に「何やってんの!」とからかわれる始末であった。また最近は釘止めではなく木ネジを使って押さえ縁などを止めるのだが、800本は使った。電動ドライバーの発達のおかげであるが、元々ガラス切りから来る親指の腱鞘炎が一層痛むようになってしまった。ハシさん曰く「釘で止めた場合、錆て強固に固定されるけれど、抜く時のことを考えれば木ネジの方が楽」とのこと。なるほどである。

もう40年前、手作りで最初の家を作った当時は電動ドライバーなんてものはなく、全て釘であった。大工なら1本で済ますところ、素人は抜けちゃいけないと2本、3本打ったり、不安なら更に鉄の補強材などで固定したため、その家を壊す時には重機でもなかなか壊せず苦労したと言われたものである。

  手作りハウス この家に20数年住んだ

この家は古材屋で買った柱材や床材、断熱材などを使った12坪の平屋で、テント生活しながら建てたのだが、何年後かに大工に手伝ってもらい最終的には中二階と二階をその上に増設して36坪になった。暖房効率は最高に良く、小さなサンポットの灯油ストーブ1台で冬中24時間焚いてもドラム缶2本もあれば家中ヌクヌクであった。水道のパイプ埋設も本管から200m程スコップで掘って引いて来た。冬場は不凍栓1本で全ての水抜きが出来、不凍用電気ヒーターなど使わずに済んだ。
おまけにこの家は確認申請もせずに勝手に建てた家であったから固定資産税もかからなかった。街の建設課長なんぞはよく飲みに来ては「俺、この家は見えないから」と見逃してくれた。ノドカな時代であった。

オヤジもアッチに逝き、子供達も一応巣立ち、今の家はカミサンと二人ではどうにも大き過ぎる。もっとシンプルに生きたいと最近よく思う。

 

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

友、遠方より来たる

24日夕方、イッペイが金沢からやってくる。朝8時頃からノンビリ列車を乗り継ぎ夕方5時頃到着。彼とは昨年春に金沢で30数年ぶりに会ったのだが、我が家に来るのは初めてである。ワタクシが通っていた大学の近くに、友人のミズイがどういう訳かは知らないがタダで借りた梁山泊である一軒家に、イッペイやヤマトやムラタといったその他諸々の北陸・中国地方出身者を中心に共同生活を送っていた中の一人である。イッペイは顔に似合わずワセダの仏文だったが、年中一緒に飲んでいた。3〜4部屋ある古い家で、時には日本政治思想の植手通有先生が酔っ払って寝ていたりした。とにかく仕送りがあれば全て飲んでしまう連中だったが、押入れにはミズイがバイト先でくすねて来たチーズとバターと大きなビニール袋に入ったパンの耳だけは常備されていて、腹が減れば勝手にそれを齧り、酒の肴にもなった。
イッペイは卒業後に金沢で蒔絵職人となり、選ばれて皇居を塗ったりしていた。ワタクシがバイクで旅をした折などに泊めてもらったこともある。ところが10数年前に仕事中に脳血栓を患い、それ以後右手と足が不自由になってしまったのであるが、今は左手で綺麗な字のハガキをくれたり、仕事も左手1本で頑張っているのである。
リクエストした「鯖のへしこ」や彼の実家がある山中温泉の「娘娘饅頭」や金沢のお茶菓子などを土産に持ってきてくれる。で、夜は日本酒となり二人で一升では足りずにもう1本開ける。カミサンやムスメを交えて全く楽しい酒となる。誰彼の消息などを話しているうちに「そう言えばヤマトはどうしている?」となり、岩国に住むヤマトに電話する。
ヤマトは学生時代少林寺拳法をやっていた。ワタクシは学生運動をやっていたので本来体育会系学生とは交わらないのであるが、ヤマトやミズイ(居合道をやっていた)は学ランを着ていたにも拘らず「全共闘派・スト賛成派」であった。法学部の卒業式は学生の処分問題を巡って教授陣が学長派と対立して卒業式をボイコットするという珍しい形となったのであるが、当然学生もボイコット。当日の朝ヤマトに「今日はやるぞ!」と言ったら「今日だけは勘弁。なんせオフクロが岩国から来ちゃってなぁ〜」とのこと。「そんじゃしょうがない」と笑ったのだが、ナニ始まるや学長一派に向けて「帰れ!帰れ!」と大声をあげて走り回っていた。
その後ヤマトは銀行だかに就職したのだが、ばったり池袋かどこかで会った。「お前、何してんや」というので「山で手作りの家を作っている」と言ったら、「そんじゃ、今度行くから」と暫くしてから本当に来た。で、酒を飲んだのだが「こんなことやっておっても生きられんのか?」と言うので「ま、土方やペンキ屋でバイトしてりゃ食える」と言ったら、「そうかぁ〜、銀行勤めなんぞワシには向いておらんきになぁ〜」なんぞと言いながら酔いつぶれた。で、翌朝電話している。「私、ちょっと考えるところあって会社辞めます」なんて言っている。慌てて「オイ、本当にいいのか?」と聞けば「辞めてアフリカにでも行く」。
で、ヤマトは本当にその年だか翌年に先輩を頼ってアフリカの農場に行き、その後放浪。ナイロビだったかではマラリアだかで動けなくなり、娼婦に助けられて暫くその家に居候。元気になってからはイスラエルで昼間はイスラエル兵に少林寺拳法を教え、夜はアラブゲリラに教えで金を作って帰国。それから岩国で塾の先生に収まっている。
で、電話だが、彼も酔っ払っていて話しが通じない。「オクズミか?」まではいいのだが、「お前の秋田の家に三度も訪ねたのに居なかった・・・?」とかトンチンカンなことを言っている。「バカ、なに言ってんだ。イッペイと今飲んでいるとこだ!」と言えば、「何でイッペイを知ってるんだ?」。全く通じない。イッペイが「バカ、ナガノのオクズミ!今、オクズミん家!」でようやく思い出したらしい。「今度岩国に来い!ワシ3月で塾も定年じゃ。何日泊まってもいい。こっち来たらお前には一銭も使わせん。ドンと来い!。酒は仰山ある!。カミサン連れで来い!」と大はしゃぎ。相変わらずである。

二人ともいい具合に酔っ払って寝る。翌朝はちゃんと起きて7時に朝食。「今日どうする?」「東京にでも寄って・・・」。慌ててネットで電車を調べる。
晴れてはいるが八ヶ岳と北アルプスは上の方が雲の中。富士山と南アルプスのみ見えている。「こんな天気、冬の金沢じゃ一日か二日しかないなぁ〜」とのこと。「今度はもっとゆっくり来い」と再会を約束し、上り鈍行に乗り込むのを見送った。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個