お犬様

またまたお犬様である。例の垂れ目のお犬様である。

それもB5より小さいサイズのを頼まれている。いくらお犬様がミニチュア・ダックスフンドでもこれはちとキツイ。キツイのであるが、ちょっとやってみたい気もする。ちゃんと数えてはいないが70ピース以上になりそうである。
ダイアモンド・リング・ソーとルーター活用で、右手人差し指の指紋は消え、スマホの指紋認証は使えなくなる。

これだけ細かく凸凹があるとテープ巻きも難儀なことになりそうである。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

シゴト・しごと・仕事

一昨日までキキキリン邸で使ったのと同じランプシェードの注文を幾つか受けて作っていたのであるが、同じ寸法のガラスを何百枚もカットし、ルーターを掛けてと、老人には疲れる作業である。おまけに銅テープ巻きは目が疲れるし、飽きる。昔、個展前に何千枚だかのテープ巻きを前に、この作業をいかに飽きずにやるか色々と試したのであるが、「テレビを見ながらやる」というのが正解であった。手焼きガラスであるから厚さも一定していない2.5〜3.5mm幅位のガラスのコバに5.5mm幅の銅テープの中心を逸らさずに正確に巻くという何ともシンキクサイ作業であるから『内職感』満載の作業である。じっと座って一日中これを続けるのはなかなかにツライ作業なのである。外は気持ち良い秋晴れなんて日には全く不向きな作業なのである。(そういえば結婚当初、これ幸いと一度カミサンに手伝わせたのであるが、ザツい。中心がズレていて、テープを剥がして巻き直すのにずっと苦労したのである。ブキッチョなカミサンで失敗した!)
そこでテレビを見ながらやってみるとこれが結構効率が良いのである。目元はガラス・ピースと銅テープであるが、一旦テープをガラスのコバに一周巻きつけてしまえば、後は指の腹や爪がかってにテープを折り返し、折り返したテープを爪先で圧着するまではテレビを見ていられるのである。この方が手先ばかり見つめているより目が疲れないし、飽きないのである。
そこでリビングのソファーでテープ巻き。録画してあった大好きな早坂暁の「夢千代日記」を見るが、キリンさんが出ていて・・・次にやはり大好きな向田邦子の「寺内貫太郎一家」を見るがやはりキリンさんが出ていて「たまにはちっとマジメに仕事しなさい!」とハッパを掛けられた気分であったのである。
テープ巻きが終われば半田付けである。フラックスに含まれる塩化亜鉛で一昨年は急性アレルギーとなったので、後ろからゆっくり回した扇風機、前に吸煙機、マスクをして部屋の換気扇を回してと準備万端で組み上げるのであるが、ストーブをつけていても指先が扇風機の風に冷たいのである。じゃあと軍手をはめて・・・

暫くまた照明器具はご遠慮していただきたく・・・キリンさんゴメン。

で、一昨日は注文を受けた最後のランプシェードの発送も終え、昨日は1ヶ月ぶりにやっとちょっとノンビリしたのであった。ヤレヤレ。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

仕事・しごと・シゴト

真面目に仕事の日々。樹木希林さんの家に作った照明器具がTVに映る機会が増えたことから、同じ照明器具の注文を幾つか受けたのであるが、何せ25〜26年ぶりの照明器具作りに奮闘の日々。30〜40歳手前まで位はよく作ったのであるが、今思えばよくもこんなに立体を作ったものである。数日で作っていたものが、今や1週間も10日も掛かる。コツを忘れている。おまけに半田付けに使うフラックスで急性副鼻腔炎アレルギーを一昨年患ってからはペースト状のフラックスに変えていたのだが、立体を組むにはペーストでは半田の流れが悪くて仕事にならない。そこで小さな扇風機を手前に置き、作品を挟んで裏側には吸煙機を配置、部屋の換気扇を回し、液体状のフラックスを水で薄め、マスクをしての重装備。その上、照明器具の1ピースにブルーのガラスを入れ、そこにクライアントのイニシャルを入れるにはサンドブラストではちょっと強すぎるので、フッ化水素を使わねばならないのであるが、これは劇薬物。こんなの吸ったらワタクシの鼻はアウトであろうと、1フッカ2水素アンモニウムとかいうものが入ったエッチングクリームを材料やから取り寄せてのエッチング。深すぎずに電球の光が当たればイニシャルが浮き上がる程度に何回もエッチングを繰り返す。
で、やっと昨日ドーム型と立錐型の二つ完成。
配線をしようとシーリング・ソケットを探したのだが在庫が無い。昔、50個入りを買っておいたのに・・・照明器具、それもペンダント・ライトでしか使わないシーリング・ソケットである。エッ、ワタクシ50個も作ったのか!それにしちゃ儲かってないゾ!
で、富士見のホームセンターに走ったのだが、売り切れ。電気屋でも売り切れ!仕方ない、茅野のホームセンターまで車で行ってやっと確保。

というような生活をしているのであるが、この仕事はずっと作業台の前に立ちっぱなし。腰も膝も痛くなる。で、夕方は散歩に出るようにしているのだが、もう秋も終盤。入笠山に陽が沈むと途端に寒くなる。

歳とった!

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

また友人が

6日午後DADAさんの奥様のマサヨさんから電話。「DADAさんが4日の夜、仕事を終えて夕食後にお風呂に入った後で急に心臓が止まってしまって・・・」との泣きながらの電話。

DADAさんは隣の原村で『DADA』という紅茶専門店を夫婦で数年前まで20数年やっていた。
20数年前、誰からワタクシのことを聞いたのか忘れたが、DADAさんには似合わない?美しく若い奥様と訪ねてくれ、年も近く、それ以来よくお店に通った。我が家の子供達を可愛がってくれ、お互いの趣味のフライ・フィッシングでもよく一緒に釣りに出かけたり、高遠へ夜桜見物に出かけたり、夫婦4人で奥飛騨に旅に行ったりもした。一人で釣りに沢に入り、夜になって下降出来なくなってしまい、心配したマサヨさんから救援の依頼を受け、
ビバークを指示、翌朝から探したが見つからず。かろうじて通じた携帯から西岳に入り込んでいることが分かり、今は亡きミツルさんやシゲノリさん、ミズノヤさんや営林署の職員まで出てやっと見つけたことなどもあった。

仕事に行き詰まったり、暇な時などに気分転換に馬鹿話の相手となってくれ、特別料金で紅茶や手作りケーキやスコーンをご馳走になっていた。

もう4〜5年位前であったが、マサヨさんのご両親の介護の問題等もあり、元々は出身地の千葉で『DADA』をやっていたこともあり、千葉に帰って『DADA』を再開していたのであるが、2〜3年ほどまえに動脈乖離とかの病気を患い手術したと電話で聞いていた。3〜4ヶ月前にもひょっと思い出して電話したのだが「ボチボチやっているよ。ただ血圧が低くて・・・。また遊びに行くよ」と言っていたのだが・・・

あまりに急なことなので実感が湧いてこない。

安らかに。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

人はすべからく社会的存在か?

「人はすべからく社会的存在である」というテーゼをもって学び、社会を見、また生活してきたつもりであるが、最近それがどうも違っているように思えて仕方ない事象様々。

町に車で下りたら紅葉の八ヶ岳。

樹木希林氏が逝ってしまってから希林邸で使っっていた泡ガラスで作ったランプシェードの注文が舞い込むようになった。
照明器具は35年前に希林邸で一軒分作った数年後、京都や東京や愛知で個展が続き、それなりに稼がせてもらったが、どうも同じ物を作るということがワタクシの性に合わず、また小さなガラス・ピースをちまちまと組み合わせることも性に合わずに25年ほど前からはよほどの知人以外は照明器具に関しては断り、窓に嵌め込むパネルだけ作ってきた。
ただ今回は希林さんから「もうちょっと真面目に仕事せよ!」あるいは「へへへ、アンタアもうちょっと稼げへのプレゼント」と言われた思いで、幾つか注文を受けたのである。

で、もう35年前に作った棚の上の埃りだらけのボール紙で作った型を梯子で下ろし、やはり35年前に作ったガラス・カット用の真鍮で作った型紙を探し出したのであるが、錆だらけ。そうだよなぁ、この真鍮製の型紙で何千枚ものガラスをカットしたんだもなぁと暫し見入る。
それにしても照明器具を作るにはフラックスとしてペーストではハンダの流れが悪く、どうしても塩化亜鉛系を使わざるを得ない。さて、またぞろアレルギー性急性副鼻腔炎にならないかとちょっと心配と、ちまちま仕事に耐える気力が続くかちょっと不安。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個