難しい

今日も爽やかな晴れ。仕事場にいい風が吹く。
絵付けをしながら窯を焚く。小さなライトボックスでは作業がしにくいので、普段ガラスの色見に使っているレントゲン用のライトボックスを壁から外して使う。IMG_1692(変換後)このライトボックス、もう何十年前だかにヨシユキさんの友人の個人病院だった実家を壊す時に貰ってきたものである。病院を壊すなら面白そうな物もあるだろうと、Pチャンのボロ1tトラックを借りてヨシユキさんと都に行った。天井板や床板、薬品棚や家具など満載し、ふざけて白衣に聴診器をぶら下げての中央道の帰路、小仏トンネルに入ったところで急にハンドルが取られる。ブレーキも効かぬ。助手席のヨシユキさんに左前輪を見てもらったら煙と火花が出ているという。ハンドルが取られて真っ直ぐに進むのも大変である。トンネル内の非常駐車帯にはとても止めることは出来ず、ハザードを点け、クラクションを鳴らしながらヨロヨロと走り、トンネルを抜けた処の路側帯にかろうじて止めることが出来た。タイヤはバーストして無くなり、鉄ホイールで走ってきたのでホイールは変形して凄い熱さである。暫く冷やすしかない。白衣を着て山積みの荷物を載せたボロトラックの脇に佇む青年2人はどうみたって精神病院からの脱走患者である。脇を通る車の運転手達はみな目が点になっていた。30分だか1時間も待ってやっと冷えたのでジャッキ・アップしようとするがホイールの熱でアスファルトが溶けてめり込んでいてなかなかジャッキを入れられない。解体してきた木材等を使って何とか持ち上げてタイヤ交換する。帰ってPチャンにバーストしたことを伝えたら「そうか、再生タイヤはやっぱり怖いね」とのこと。あの頃は再生タイヤなんてものもあった時代である。てなことを思い出しながら絵付けをやりながら2窯焚く。むぅ、思い通りの色が出ていない・・・

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください