ハードな病院通い

今週はハードな病院通いが続く。

一昨日は3ヶ月に一度の表在性膀胱ガンの内視鏡検査日。もう再発から6年半も経っているのだが、このガン、まだ再々発の可能性は7〜8割もあるとのことで、検査は一生続くらしい。検査中に「もう少し水を入れても大丈夫ですか?」とカーテンの向こう側の検査ドクトルに聞かれる。何時もより長い検査に「???・・・また再発か?」とちょっと心配になる。検査が終わり暫くしてからムーミンを大きくしたようなドクトル・フルヤに呼ばれる。「綺麗でした。再発はなし」にホッとする。

昨日は耳鼻咽喉科。主治医の大阪弁ドクトル・ナカガワの診察日は明日なのだが別の病院の眼科の予約があるので山梨大学から来ている若いドクトルに診てもらう。まだ少し右側に症状が残っているので後3週間薬を飲んで下さいとのこと。「あのう、酒はまだダメですか?」と聞くと「大丈夫。まあ飲み過ぎないように」とニヤニヤ。ドクトル・ナカガワだったら絶対ダメと言われそうであったが・・・やれやれ3週間ぶりに飲めるぞ!
急いで帰って東の都に上るカミサンを高速のバス停まで送る。その後、引っ越し最中のミドさんの別荘に行き、デザインの相談にのってもらう。エントランスからリビングに続く
4枚の引き戸のデザインに迷いが出ている。サミーやサラもいて円弧を使うことにする。
帰りに鉢巻道路から富士見に下る交差点脇に野菜の売店を出しているシンロウさんの店に寄る。
昔からの飲み友達である。役場を退職後に夏の間だけ自分で作った野菜を出しているのである。「これ持って行け」と沢山のトウモロコシをくれるが、一人だからと3本だけもらう。「トウモロコシ畑がハクビシンやタヌキに狙われて散々だ」とのこと。「アイツラに比べれば鹿なんて可愛いもんさ。ま、今のところ猿もここまで登っていないいんでいいけどな」とのこと。
夕食前に久しぶりにウィスキーを飲む。やっぱりノンアルコール・ビールとは違って旨い。

そして本日は眼科へ。加齢性黄斑変性症は進んでおらず2ヶ月後にまた来るようにとのこと。2回瞳孔拡張剤を入れられたので眩しい。目薬を貰うのに30分位掛かりそうなので、待っているのも嫌なのでサングラスをかけて西友まで歩くがそれでも眩しい。昼食を作るのもこれでは大儀なので弁当を買ってから病院に戻ると丁度処方目薬が出たところであった。眩しいのでゆっくり運転して家に帰る。
やれやれこれで病院3連チャンが終わった。それにしても病院とは疲れるものである。本物の?病人になりそうである。

そうそう今月は医療費が随分と掛かったので高額医療費返還の手続きをせねば。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください