コピー機の進化

一昨日はデザイン画の拡大コピーを取りに街に下る。茅野のコピーセンターでいつも頼んでいるのだが、顔なじみになったオバサンがデザイン画を見て「梅と桜と牡丹かしら?」とサッサカやってくれる。今回はデザイン画を1/3で描いてあるので300%で出力してもらうのだが、窓枠の現場寸法が来る出る前に描き始めていたので若干の寸法の修正をしなければならず、これは自宅のインジェクト・プリンターでデザイン画を98%に縮小した物を持って行き、300%で出力してもらい、ピッタリの寸法となる。サイズはA1で収まる寸法の物3枚だったので¥1300足らず。通常デザイン画は1/3だの1/5だの1/10だのを手描きするので、これを3倍だの5倍だの10倍だのにフリーハンドで拡大した原寸図にするのにはかなり時間が掛かるのだが、コピー機を使えばあっという間である。昔のコピー機ではズレが多く、縦横比が狂ったりしたのだが今はピッタリである。コピー機の進化恐るべしである。

帰りに諏訪の街まで下り、買い物後、霧ヶ峰の葉っぱちゃんを久しぶりに訪ねる。相変わらず元気そう。この夏前にはアメリカに2週間ほど行っていたとのこと。この夏の猛暑や誰彼の消息やら2時間ほど話す。10月14日のJAZZライブには前日から泊りがけで来てくれそうである。
帰りは久しぶりにビーナスラインに上がる。もう秋の気配である。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください