田舎でJAZZライブ すったもんだの記 Vol.5

16日。5時頃目覚めるが何処にいるのか暫く分からない。6時にバイトに行くムスコと一緒に出て7/11でコーヒーを買い出発。今日も八王子〜圏央道〜相模原〜20号経由〜大月で帰ることにする。

八王子手前の石川SAにて朝食。以後の運転を考え、カロリーを摂らねばとラーメンを食す。相模原で圏央道を出てからナビに従って走るが、通勤通学時間であるから混んでいる。ナビが示す抜け道は住宅街などの細い道だったりするが、従うしかない。
所々で小さな沢から土砂が押し出している。
休憩もせずに大月まで走る。初狩SAで休憩。SA脇から落ちた橋が見える。
10時半頃、漸く家にたどり着く。

こんなに疲れたのは何年ぶりかである。

でも終わった。やろうと決めてからも色々あり、その上に台風による交通遮断。
でも終わった!

カミサンもお疲れ様!

それにしても世界でも唯一無二の音色の林栄一氏、言葉では表現できないのだが優しい音色から激しい音色まで自由に弾きこなす清水くるみ氏が、この状況下で来て下さったことには感謝しかない。「無理でしょ」と言われても当然な状況下で本当に来て下さったのである。

林氏はサックスに関しては『巨人』とでも呼んだら良いのか?また人として、シャイであるが本当に優しい人である。ムスコも可愛がられている様子で、褒めてもらったり、叱ってもらったりと何時も見守って下さっているようで安心した。

清水くるみ氏は演奏の中に情景を思い浮かべられるようなピアノである。感性が豊かなことはドライブ中の景色を見たときの言葉にも現れていた。また本当に可愛らしい人であり、優しい人でもある。

このお二人のDuoは東京でもなかなか聴けないライブである。心からの謝意を表したいと思った。

あちこちからライブの感想のメールや電話が届く。やって良かった。

午後、ミドさんとサミーがお客さんの忘れ物を届けに来てくれる。会場を貸して下さったミドさんにも感謝!

身体中ギシギシである。夕方「鹿の湯」に浸かって身体をほぐし、帰ってマッサージ機に乗ったら寝てしまう。

夜、寝ようと思うが脳がまだ興奮している・・・

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください