美味い店見っけ!

やはりこの怒涛の1ヶ月が終わり、だいぶバテた。眠くて仕方ないし、都のアスファルトや駅階段を慣れぬ革靴で歩いたせいか膝まで痛む。それにしても都の生活というのは「歩く」を基本としているようで、田舎人のようなヤワな足では保たぬのである。13日に取り付けしたのだが、なんとこの日の歩行距離は14.000歩。

帰って土の上を紅葉を見ながらスニーカーで歩くのが一番である。

帰ってきた翌15日はもうバテバテで日帰り温泉に行く前に、過日のJAZZライブにシュウジさんが誘って一緒に来てくれたノムラくんがやっているという茅野のピザ屋さんにカミサンと行く。ノムラくんのオヤジさんはシュウジさんと同じくエプソンに勤めていて、ワタクシが40数年前に富士見に住みつくべく手作りの家をテントを張って作っていた頃に知り合ったのである。
最初、シュウジさんと知り合って、雨で家作りができない日や、懐が寂しい時にシュウジ夫婦の住んでいた社員住宅に「食べさせ、かつ飲ませて」もらいに行き、その時シュウジさんの上の階に住んでいたノムラさんのオヤジさんとも何回か飲んだことがあるのである。
その後シュウジさんとノムラさんは共同で土地を買い、現在の家を建てたのである。

というような人のムスコであるタカシくんがピザ屋をやっていると聞いてはいたのであるが、場所が分からずにいたのだが、先日のライブの時に名刺をもらい、訪ねたのである。

茅野だか原村の工業団地の下に洒落たお店があり、ノムラくんと可愛らしい奥様でやっている。早速ランチ・セットのピザとカミサンはパスタを頼んだのであるが、最初に運ばれた新鮮なサラダの美味しいこと。ドレッシングが美味いし、チキンの燻製ハムと小さなカップに入ったスープも「ウム!美味い!」。石窯で焼いたピザは生地がモチモチしているし、パスタもモチモチして美味い!こりゃ大当たりである。ワタクシは60年近く前に学生時代に初めて『ピザ』を食べて感激、イタリア行った時も毎食のように食べたのであるが、こちらに住むようになってから美味いピザに有り付けなく、今年になってから伊那に行く途中にあるピザ屋を見つけて「ここは美味いがチト遠い」と思っていた矢先である。カミサンも大喜びしているし、頼んだデザートも美味しいと感激している。
こんな美味い店が15分の処にあるとは!

ノムラくんは諏訪青陵高校出身でムスコの先輩にあたるらしいし、トランペットを吹いていたとのこと。朴訥な好青年である。今度は夜、飲みがてら行ってみようと思う。

http://r.goope.jp/sanroku

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください